2016年05月05日

今期(2016年春・04-06月)アニメの取捨選択


書くかどうか迷いましたが、
年々早くなる時間の流れの中では
記録として残しておかないと記憶にまったく残らなかったりする現状なんで
書ける時間があるなら書くべきなんだと思う。


4月30日に久しぶりにラジオ放送があった
アニソン三昧を聞きながらまったり書きはじめたんですが
(2015年のアニソンランクも書かずに終わってるんだよな・・・)

私達のような30代アニヲタが本当に少なくなりましたね。
その結果1990年代作品のアニソンがあまりもかからなすぎで悲しい。

そこまでガチでアニヲタをやってたわけではないが
90年代はエヴァかけとけばええんやろ的なノリだけは止めて欲しいんで
細々ではあるが発信していくことに意味があるのかなと。

また、アニソン三昧では40代スレにお邪魔して
上の世代と交流してたんですが、そろそろ引退かなという声もちらほらと。
先人達にはまだまだ頑張って欲しいもんです。








〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜

☆ハイキュー!!2ndシーズン
2クールで放送されていたんですが、
前半は1期に比べ演出が合わなかった感じですかね。

ハイキューは原作が出来のいい絵コンテを読んでる感じがするんで
アニメの方が行間が埋まっておもしろいと
勝手に言ってるんですが、2期は1期にくらべ
その行間が上手く描けていない部分も多々ありましたが
後半になるにつれ、試合が進むにつれておもしろくなっていきましたね。

特に、24話の青葉城西戦は2016年を代表する神回なんじゃないかなと思います。

3期も決まってますが、原作がたまるまでオリジナル編やってもいいのかも?





☆この素晴らしい世界に祝福を!
ラノベ作品なんで放送前はまったく期待していませんでした。
たぶんそれは製作者側も同じで全10話がそれをものがったっているんじゃないかと。

しかしながら、ここまで化けるのは
雨宮天ちゃんが演じる駄女神ことアクアさんが本当にはまり役でしたからではないでしょうか?
他にも、今期のプリキュアシリーズである『魔法つかいプリキュア!』コンビの
高橋李依(めぐみん役)、堀江由衣を奇跡的にもってこれたのもポイント高いです。

兎に角、キャラにあった声優陣を集めきったことが勝因でしょう。




☆僕だけがいない街
1クールでは時間がたりなかったか?
だけど2クールだと中だるみしてそうでなかなか難しいところですね。
風呂敷の広げ方が良かっただけにあと2,3話時間があればでしたが
久しぶりにおもしろいノイタミナ作品でした。

最後の部分は原作で補完するのがいいんだろうか?

実写化もされるみたいですが、
上手くやれば面白い作品ができあがると思うんで頑張ってくれ。





☆昭和元禄落語心中
2期が決まったんで最終的な評価は持ち越しになりますが
落語作品をしっかりみせてくれたのはよかった。

問題は、これとこのすばとまさかの2本ヒットをだした
アニメーション制作 スタジオディーン

ここが製作してるということだけが心配です。
くれぐれも質を落とさないで欲しいし、
製作時期ができるだけかぶらないようにしてほしい。






〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜

今期はアニソン好きとしてして
マクロスシリーズ新作の『マクロスΔ』がやはり一番の注目ですね。

すでに、1stライブも決まっていたり
チケットも先行発売されてたりという慌しさはありますが
そこはマクロスFでの経験を生かしてしっかりチケット確保したかんね。











<前期からの継続作品について>


☆ジョジョの奇妙な冒険 第4部
人気作なんで詳しい人にお聞きくださいな。



☆機動戦士ガンダムUC RE:0096
OVA版をみてくださいな。




☆暗殺教室 第2期
原作は無事完結しましたね。
少年ジャンプ漫画なんで、
あの終わり方にPTAから苦情がきてないことだけが心配です。



☆学戦都市アスタリスク 2nd Season
1期は相方アニメとの比較を楽しめたが
2期までこられてもお腹いっぱいですよ。




☆テラフォーマーズリベンジ
リベンジ失敗しそうな?無理に2期つくらなくても
原作の宣伝は1期で出来たと思うんですけどね?




☆影鰐(KAGEWANI)-承-
どの層が支持しているんでしょうか?





<2期目などの作品について>

☆マクロスΔ(デルタ)
今期はここですかね。
0048だとかアイドル化しすぎとかいわれますが
マクロスシリーズには、
歌、三角関係、バルキリーしか求めてはいけないという
鉄の掟が存在するのです。

そのことはマクロスFで学んだはずなんだが
どうしてみんな忘れてるんだと思っていたら
マクロスFって8年前だったんですね orz
忘れるんじゃなくて、知らなかったのね。


ちなみにFはシェリル派でしたが
今作はフレイア派でいくことが3話で決まりましたのであしからず。




☆美少女戦士セーラームーンCrystal
デス・バスターズ編 (第3期)だそうです。


☆うしおととら 第3クール
原作ファンくらいしかやっぱりみてないのかね?



☆コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜
分割2期なんですが、1期のお話忘れてしまってる。


☆境界のRINNE 第2シリーズ
NHKもっとお金をかけてください。





<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・





☆くまみこ
タイトル通り、熊さんと巫女さんが登場する、
熊が出てくる以外は普通の日常系アニメ。

巫女さん中学生のヒロインである、まちちゃんを楽しむアニメです。
萌え豚さんアニメといわれるとそれまでなんですけど。





☆ジョーカーゲーム
第二次世界大戦中が舞台のスパイアニメです。
かつて18禁ゲームをたしなんでいたヲタならば1話を見た瞬間
法月のとっつあんおひさしぶりです、などとつぶやいたことでしょう。
(まぁ、『車輪の国、向日葵の少女』は11年前なんですけどね)

そんな、とっつあん似の結城中佐に鍛えられたスパイどもが
世界各国で諜報活動をしていくという話です。

ただ、現在5話まできましたが
1,2話の勢いが落ちているのが若干心配です。




☆ふらいんぐうぃっち -flying witch-
青森県弘前市が舞台の魔女修行作品です。
大まかには日常系作品に分類される作品ですんで
合う合わないかは1話で確認してください。

少し抜けてる、おっとりしている魔女みならいのヒロインが
つくりだす作品の空気があうかあわないかです。







〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆甲鉄城のカバネリ
進撃の巨人系作品なのかな。
これは巨人のかわりにカバネ(ゾンビ)におびえながら暮してます。

そんでもって、主人公、ヒロインが
カバネに噛まれながらもカバネ(ゾンビ)化せずに
カバネの力を手に入れているという。

ここまで書いていると、ほんと進撃だろとは思うんですが
この作品の作画レベルがやりすぎです。
ここ最近では『Fate』や『神撃のバハムート』クラスの作画です。
その点だけでも今後増えることが予想されるバトルシーンは見ものじゃないかと。





☆僕のヒーローアカデミア
『週刊少年ジャンプ』で連載中のアニメ
落ちこぼれ少年がヒーローを目指して成長していくヒーロー漫画。
日5枠にもってくるだけあって基本的な部分はしっかりおさえてます。

ただ、この作品の最大の誤算は
「ワンパンマン」というヒーロー作品が昨年末に放送されてしまったことでしょう。

主人公が最強と最弱の違いはあれど、
見せ場のバトルシーンは辛そうになりそうですね。




☆Re:ゼロから始める異世界生活(ラノベ作品)
異世界召喚作品です。
ヒロインを高橋李依さんがしてたりね、
お話もセーブポイント(自動セーブだけど)を使った時間ループもので
お話もそれなりにしっかりしてるんですが・・・

主人公がラノベ特有のメタネタを使いすぎてるせいで
自爆してる気がします。
主人公がもう少しましならもっと評価が上がると思うんだけどな。
もったいない。




☆クロムクロ
P.A.WORKS初のロボット作品
どう転ぶかいまのところわかりませんが3話まで観た感じではいけそうかな。





☆ばくおん!!
タイトルから想像される女の子達の楽器をとっぱらって
変わりにバイクに乗せてみるといいかな。
そんな作品なんで、お歌はなしです、あしからず。

バイク好き女子高生の日常系アニメですね。





☆ハイスクール・フリート(はいふり)
一言でいうなら「ガルパンの海軍化」アニメです。
1話からさっぱりわからない状況に追い込まれてますが
そんなことは些細なことだ。
萌えるか?萌えないか?だろ。






☆坂本ですが?
スタイリッシュギャグアニメだそうです。
それが何を意味するかを説明するのはむずかしいですが
ギャグアニメには違いないので笑いが合うか合わないかです。
1話みて判断ください。





☆文豪ストレイドッグス
『ヤングエース』連載中の異能バトル系作品
能力名が「人間失格」、「羅生門」などの文学作品の名前からとられています。

主要登場人物の声優陣に宮野真守、神谷浩史がいますんで
何も考えずに観れば、普通に楽しめるとは思いますが
それ以外に強調部分が少ないかなと。




〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆ビッグオーダー
『未来日記』作者の次回作です。
そんなわけで『未来日記』の雰囲気は今作でもありますんで
そこで判断すればいいんじゃないかと。





☆ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
タイトルからわかるとおりラノベ作品です。
部活系もので、ネトゲ好きが集まったネトゲ部が舞台。
「ばくおん」のような専門用語がちょくちょくはさまれることもなく
ネトゲとリアルを混同しちゃうヒロインが暴走するのを楽しむ作品となってます。




☆キズナイーバー
登場人物たちが痛みを共有するグループを勝手にほうりこまれる。
脚本が岡田麿里だけど
この設定なら『ココロコネクト』でいいんじゃね?



☆三者三葉
『まんがタイムきらら』連載中作品。
↓のあんハピとの2択ならこちらをお勧めする。



☆あんハピ♪
『まんがタイムきららフォワード』に連載中のアニメ。

きらら系日常ものです。
不幸な女子高生の日常を描いています。




☆双星の陰陽師
『ジャンプスクエア』連載中の作品。
タイトルからわかるとおり陰陽師ものですが
あくまでジャンプ系作品であるんで腐女子さんの登場することもない絵ですし
「僕のヒーローアカデミア」を観ていた方がいいんでわないかと。




☆ハンドレッド (ラノベ作品)
一言で言えばどこかで見たことのあるかなと
ISのような機体を使ってバトルしてますけどね。
どこかで読んだ展開しかしてないかなと。




☆パンでPeace!
日常系4コマ漫画パンアニメ?
パンが好きな女子高生たちの平和な日常を描いた作品です。





☆迷家‐マヨイガ‐
人生やり直しツアーに参加した30人の男女がトラブルに巻き込まれていくお話です。

監督 水島努
シリーズ構成 岡田麿里

ここでも注目されてはいたんですが、
登場人物が「人生やり直しツアー」なんていうものに集まってしまう方々ですんで
観ていてイライラしてくるのは大人げないのでしょうかね?




☆エンドライド
ゲームとのメディアミックスをするんですが?
肝心の作品自体がラノベ作品よりも評価が低いのはどうなんやと。

主題歌をLUNA SEAが歌ってる所しか書く所がないんですが。




☆宇宙パトロールルル子
悪さをする宇宙人を取り締まるメン・イン・ブラック系のギャグアニメですが
アニメの出来うんぬんよりも主人公の住んでいる地域がどうなんだと。
そこを出すくらいなら、日本某所でよかったんじゃないかと。








〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆薄桜鬼 〜御伽草子〜
乙女系アニメのスピンオフ?チビキャラ化でアニメ化してます。
このシリーズは、たしか主題歌にいい曲があった記憶があるんで
良いアニソンがでてきたらいいなくらいで・・・



☆SUPER LOVERS -スーパーラヴァーズ-
得意な方にお任せします。



☆聖戦ケルベロス
グリーが開発・運営するソーシャルゲームのアニメ化です。
松岡君とか内田真礼ちゃんとかでてますが
無駄遣いはおやめください。






〜〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜


☆逆転裁判
「異議あり」で有名なゲームですが
何故この時期にアニメ化?そんでもってここまで酷いシナリオ。
ゲームしといてください。

このゲームをやったことがある方は
どういうふうにお話を構成するかの勉強に使ってくれ。
posted by 赤耳の猫 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

今期(2016年冬・01-03月)アニメの取捨選択


遅すぎますが、まずは
新年あけましておめでとうございます。

今年はもう少し現場の回数を増やしたいなという気持ちを
少しでも実現する方向へ頑張ってみようかと思います。



さてさて、今年も相変わらずアニメからスタートですが
ゲスだとか、SMAP解散とかでなく、
一般の話題も扱えるところをアピールしておくとですね
皆さんは本日行なわれているセンター試験の問題みましたか?

昨年(2015年度)の問題はパクツイで話題になったセンター国語ですが
今年もどうやらやらかしてるみたいで・・・

スタートからりかちゃん人形が発売されたのはいついつで・・・からの
注釈部分に『やおい』『メイド喫茶』なんての登場するそうで
全国の受験生は本当にお疲れ様です。


そっか、これからの時代を担う若者の運命を決める試験に
こんな問題を出すんだから、2次ヲタの先輩として
「やおい」やら「メイド喫茶」などの2次文化をもっと発信していかなければ
ならないんですね。わかります。

ただ、まかせろと言い切るつもりもないし
実際の出題文章はそこから一気にお話を吹っ飛ばして
なぜか結論が、個々人におけるキャラ設定がどうのこうのって話で終わってます。

つまり、嗣永桃子師匠が芸能界で生き残るためにももちを演じるのは
不誠実なことではなく、むしろその技術とその覚悟をもっと理解しろってわけですね。
わかります。


と、そんなどうでもいい話はこの辺にしてそろそろ本題へ





〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜〜

☆蒼穹のファフナー EXODUS
もう、赤字ばっかりのタイトルを観なくていい
それだけが希望ですw

1期からおよそ10年の月日もたってしまえば
ところどころ抜け落ちてしまっているエピソードを
ニコ動の一挙放送で勉強しなおしたのち
再び見直すとですね、一つ一つの台詞が重い重い。

続編だっただけに既存のファンしか
おそらく観てないのがもったいないと。

本来はこういう作品をブログなんかで取り上げて
うまく世間に発信できたらいいんですけどね。

入り口としては、蒼穹シリーズのゼロにあたる
『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』を絶対観て欲しい。
ここさえ観てくれたら
TVシリーズ1期、劇場版、2期と勢いだけでいけるんだ。





〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜



新作では
☆昭和元禄落語心中
☆僕だけがいない街(ノイタミナ枠)
この2作品が図抜けてるとおもいますんで一度チェックしてください。



続編では
ハイキュー、デュラララ!!、おそ松さん、はおさえてて。

この3つの言葉をつかって文章を作れという問題があるなら
採点基準の1つに、『腐』という言葉が含まれているかどうかという
チェックポイントが存在するだろう。

さて、そんな腐海にのまれた、もとい
女性人気に支えられ大ヒットを記録した、記録している作品達ですが
売り上げ(経済)的側面からみますと

デュラララ!! → ハイキュー → おそ松さん

っと、その人気の移り変わりの速さに驚くばかりです。


前期は10年も続いている『蒼穹のファフナー』を楽しんだものとしては
できれば、どの作品もおもしろいだけに
最後まで見届けてあげて欲しいなと思うばかりです。
(なにげにデュラララ!!も原作1巻発売から10年超えてんだね)

ついでに腐海にのまれたつながりで言っとくと、
『コードギアス 亡国のアキト』も
ようやく2月6日に最終章ですんでお見逃しなく。









<前期からの継続作品について>

☆機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
まだまだ序盤過ぎる。かなりゆっくりお話を進めてるかなと。
今のところ楽しく見させてもらってます。
唯一の不満はOP曲をどうにかしてくれくらいかな。


☆ハイキュー
こちらは前クールが合宿編だっただけに
後半はその成果が披露される秋大会なだけにこれからの盛り上がりが楽しみ。


☆おそ松さん
いろいろと酷いですが、それがほめ言葉となるところもありますんで。
当たり回と外れ回の差がはげしいような。


☆うたわれるもの
戦闘回をさんざんやっておいてからの日常回の酷さは・・・
1期見てなくても問題なかったのはありがたいけど。



<2期目などの作品について>


☆赤髪の白雪姫
2期目です。ヒロインをはやみんがやってる。
たぶんそれだけでいい。
というか、それだけで人気を得ていると思うのは気のせいか?
白雪の人気高いね。



☆デュラララ!!×2 結
完結期ですが、原作読んでないと
いっきに登場人物が増えすぎた印象を受けるかもしれません。
こっから群像劇のおもしろさが加速するんでついてこいよ。



☆暗殺教室 第2期
1期とかわらないですが、そこを評価したい。
安定飛行するでしょう。規制が入らなければですが・・・



☆GATE(ゲート)-自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり-
2期目です。異世界ものでよかったのかね?
人気はあるみたいなんで時間があれば1期からどうぞだそうだ。



☆ナースウィッチ小麦ちゃんR
02年から05年にかけて製作されたOVAアニメの続編だそうだが
さすがに記憶にあるわきゃない。
どこの層を狙っているのかも謎で、なんというか3話すらもたない。



☆闇芝居 第3期
なにげに怖いシナリオです。ですんで私は苦手です。




<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・





☆昭和元禄落語心中
タイトルからもわかるとおり、落語のお話。
それだけに、声優陣が低レベルだとそれこそお話にならないのですが

声優陣は3分間の落語提出オーディションを勝ち抜いた精鋭だそうで
石田彰、山寺宏一の2人もオーディションを受けたそうです。


落語にくわしいヲタがどのような評価をするかはおいとくとして
ガチ過ぎる石田彰、山寺宏一の2人を選んでるんで
そこを見所にしても面白いかと。

とりあえず、1話が47分(2話分)の長さになってますんで
じっくり観て観て感想を聞かせてくださいな。






☆僕だけがいない街(ノイタミナ枠)
主人公の意思に関係なく、
直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、
その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまう「再上映(リバイバル)」という
特殊能力をもっている主人公(29歳)のお話。

「再上映(リバイバル)」の能力はせいぜい事件の5分ほど前に戻るものであったが
ある事件で母親が殺人事件に巻き込まれ死亡
そこで発動したリバイバルによって、いっきに時間が遡り・・・

巻き戻った時代は、リバイバル能力発動のきっかけになった
主人公のトラウマとなっていた誘拐殺人事件の数週間前。


さてさてこれからどうなるって感じで
当たりを感じさせる1話でした。


どうでもいい話だが、
巻き戻ったのが18年前の小学5年生ってことで
体は子供、頭脳は大人、
強くてニューゲームって思ってる若い子達は
主人公の母親役が高山みなみさんだけに
バーロー、やら、せやかて工藤などの脳内実況に苛まれてるらしいw




〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆灰と幻想のグリムガル
水彩画で描かれている画像とか凄くいい感じで期待値は高いですが
シナリオがその高くなりすぎてる期待値に答えてくれるかどうかですね。

お話は、SAOなどに代表される
ゲーム(MMO)内に閉じ込められた所からスタートしています。
ただし、現世での記憶をなくして(消されてるのかも?)おり、
気が付いたらレベル1の状態でゲームのスタート地点の街でお目覚め。

やさしい世界でのんびりファンタジーなのか
絶望系まで針を振り切るのかは今後のお楽しみです。







☆少女たちは荒野を目指す
3月発売予定のゲームのアニメ化です。
「冴えない彼女の育てかた」2期なんていわれるとおり
こちらはPCゲーを作るそうです。

冴えカノの丸戸に対してこちらはロミオ。

甲乙つけがたいが、ここに原画が松竜とくると
『CROSS†CHANNEL』のコンビのできあがりってことで
こっちの作品の方が期待値があがるかなと。

田中ロミオ文学が楽しめればそれでいいです。





☆無彩限のファントム・ワールド(京アニ作品)
凸森が森サマーでおっぱいがぷるんぷるん。
京アニはいったいどこへ向かうつもりなんでしょうか?




☆紅殻のパンドラ  (原案 士郎正宗)
初期プロットでは『攻殻機動隊 ARISE』と同一の世界観を舞台にする予定だったが
企画自体が一転二転した結果こんな形になりましたとさ。

田中敦子さんが声あててたりするんで、攻殻要素を探しつつ
この作品も楽しんだらええんちゃう?





☆Dimension W
『ヤングガンガン』で連載のち『月刊ビッグガンガン』に移籍して連載中。

今期の穴はここじゃないかという気がしないでもない。
1話だけでは世界観の説明程度でしかないんで結論は難しいが
対象年齢が低いと3話できりそうだが、
それなりに高めの設定をしているのであれば期待できるかと。





☆この素晴らしい世界に祝福を!
角川スニーカー文庫から発売のラノベ作品です。

1話冒頭の流れをみて
「それなんて幽遊白書」っと突っ込んでしまったおっさんですいません。

改めて富樫仕事しろといいたくなってしまった気持ちはひとまず置いといて、
幽遊白書という古典作品をしらない世代なら
「ダンまち」くらいの作品として楽しめるのではなかろうか?

今作のヒロインであるアクア役(謎の紐、的存在)を
雨宮天ちゃんが演じるのもポイント高いと思います。





☆アクティヴレイド 機動強襲室第八係 第一期
分割2期の前半クールです。
1話を見た限り、パトレーバー?なのかな。
タイバ二を意識してたりもするんでしょうかね?

個人的にはメインキャラよりも
所属してる部署の脇役勢がいい味出してきそうなんで
パトレーバーな面白さが出てきて欲しいっす。




〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆ブブキ・ブランキ
みかこしさんでてるんで個人的には期待してたが・・・
「神様ドォルズ」のような感じになるのかな。
1話では世界観がつかみきれませんでした。
特殊能力で戦うような、神様ドォルズのように式神(ロボット)を操るのか?




☆だがしかし
『週刊少年サンデー』にて連載中の漫画
ほとんど記憶にないと思ったら連載から1年しかたってないのね。
ちょっとあせりすぎのようなき・・・アニメ化は早すぎただろ。

駄菓子屋が舞台なんだけど、ギャグアニメなのか日常系なのか?
声優陣に竹達彩奈、藤原啓治ところが今のところ一番のポイントかな。




☆虹色デイズ
『別冊マーガレット』連載の少女漫画。
それだけ切ってしまってかまわないが
15分アニメになってますんで、流し観程度なら苦にならないかな。
主人公:松岡禎丞さんで声になれてるのもあるけど。




☆おしえて!ギャル子ちゃん(ウルトラスーパーアニメタイム)
10分アニメ。
能登さんのナレでちょいちょい入る質問が酷すぎる。
が、10分アニメなら丁度いい感じにおさまってます。



☆旅街レイトショー (ウルトラスーパーアニメタイム)
動画は紙芝居でしたが、10分アニメということでありかと。
1話ごとに短編が続いていきそうですが自分にあうお話があればいいなと。
それにしても1話のオチが・・・いいのかそれでw



☆石膏ボーイズ(ウルトラスーパーアニメタイム)
10分アニメで正解です。30分だと持ちません。
おそ松さんとおなじ期にやれるというのはうまい戦略だとおもた。



☆蒼の彼方のフォーリズム
原作エロゲーなんですね。どおりでいろいろと・・・。
そらを飛ぶのにスカートはいちゃ駄目です絶対。




☆最弱無敗の神装機竜
ここまでテンプレだとどうなんや。
これもラノベラノベしすぎてますね。
IS2期などと呼ばれるのにも納得です。



☆シュヴァルツェス マーケン
エロゲである『マブラヴ オルタネイティヴ』のスピンオフ企画作品。
マブラヴシリーズが好きならどうぞです。
名前を聞いてもわからないならお勧めはしないです。



☆ディバインゲート
スマホゲームのアニメ化。
ざっと見た限り、声優陣の欄にそれなりの名前が並ぶだけに
声優アニメとしてみていくべきなのかな?
1話は伊藤かな恵さん役の子がかなりでてたけど。





☆ファンタシースターオンライン2ジ アニメーション
PSO2のアニメ化なんですが
なぜにこの時期?素直にゲームしとけばいいっしょ。



☆ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜
響け! ユーフォニアムのような吹奏楽部ものだと思ってたんだが
原作は推理小説だそうで、部活動はおまけ的な扱いだそうです。

主人公(女の子)の幼馴染(男)が吹奏楽部の顧問(男)を好きな設定は
はたして必要だったんだろうか?

あと、普門館は耐震問題で使われてないはずと思ったら
やっぱりツイッターでたくさん流れてた。




☆ラクエンロジック
トレーディングカードゲームの促進アニメ?
WIXOSSのようにアニメとして面白ければ観るんだが
そこまで面白くなりそうな予感がしない。



☆魔法少女なんてもういいですから。
5分アニメです。せめて倍の10分あればいいのに。



〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆大家さんは思春期!
3分枠の短編アニメ


☆プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ
乙女系作品。ヒロインにざーさんでてます。


☆ノルン+ネット
女性向け恋愛ゲームのアニメ化。
OP、ED、挿入歌などを「やなぎなぎ」が担当してます。


☆おじさんとマシュマロ
5分アニメ



〜〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜

☆霊剣山 星屑たちの宴
日本のスタジオディーンと中国の深圳市テンセントコンピュータシステムの
共同企画によるテレビアニメ作品

なぜにこれを日本で放送しようと思ったのか?
SAOなんかが中国でも流行ってると聞いてただけに
この作品を楽しむ中国人アニヲタはいるのかしら?
ラベル:アニメ
posted by 赤耳の猫 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

今期(2015年秋・10-12月)アニメの取捨選択

はやいもので、今年も最終の秋クールです。

つい先日、夏クールの話をしてたはずなのに
季節はすっかり秋模様とか
このブログを定期的に書いてないと
この1年何をしていたか自分でも自信がないかもw


さてさて、アニメに話を戻してすすめていくと
先週行なわれたいた、ラノベの雄である電撃文庫イベントで

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』

のアニメ化決定といお知らせがありました。

個人的には現在一番楽しんでいる作品なのですが・・・
ポルミンとマシューの続きが気になるんですが・・・
お話は凄く楽しんでいるんですが・・・

ラノベ特有の問題として、イラストが・・・
イラスト担当が6巻から病気のため変わったんですが・・・

他にいなかったのか?というレベル

ぶっちゃけアニメ化するなら
原作イラスト無視という荒業を使ってもよかったような?


まぁ、世間的には
禁書3期はありません宣言に隠れてどうでもいい扱いなんですけどね。
一方通行と未元物質のバトルはやはり観れないのでしょうかね?
あと少しのところまできてるんだけどな。






〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜〜


☆のんのんびより りぴーと
1期ではそこまでだったんですが、
2期はとことんはまってしまいました。

今回の2期は
1期のお話とお話の間を生めるエピソード中心の構成だったため
より深く「のんのん」の世界に浸れたのが大きかったと思います。

特に、れんちょんと駄菓子屋のからみがある回は
ことごとく神回になるというすばらしさでした。

日々、心をずたずたにされる生活の中で
ひと時の夢を見させてくれた、やさしい作品に感謝です。






☆監獄学園 プリズンスクール
酷すぎる(ほめ言葉)系アニメというのはこのことでしょう。

監督:水島努 はさすがとしか言えませんね。

勝因としては原作がたっぷりあったこともあり
結構な速さでさくさくエピソードを消化できたのも
面白さを持続できた要因だったのではないでしょうか。

ただ、いらない心配をするなら
2期をやるならこの点だけですかね。
変に3期や2期を2クール24話とかにして話を間延びさせると
失敗する可能性が少なからずあるかも。

それにしても花澤香菜はこの作品に出てよかったのでしょうか?

私は大好きですが、彼女のガチ信者達はどうだったんでしょう?
あやねるさんとかなんか言ってないのかね?






〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜


今期はぶっちゃけ書く必要がないのかもしれません。

その理由はずばり
今期は2期作品が強すぎるからです。
これだけ継続作品が強いクールは近年あったかなレベルで
原作にしたい作品が枯渇してるのか心配になります。

それだけに、どの作品も丁寧に作ってほしいものです。








<前期からの継続作品について>


☆うしおととら
安定飛行しています。
楽しんでいるのであればそのまま楽しめる作品です。




☆アクエリオンロゴス
これじゃない感がすごいあります。
勢いだけの作品で勢いがないというのは致命的かな。






<2期目などの作品について>

☆機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
ガンダム作品で注目というよりは

監督:長井龍雪 脚本:岡田麿里
『あの花』コンビでガンダムとか・・・
特に、脚本の岡田麿里とかロボットものは畑違いすぎる気もしたが・・・

久々に1話が面白いガンダムシリーズがきましたね。
主人公の三日月とオルガの関係が、
シモン&カミナのそれなんてグレンラガン的な感じがするが
まぁ、つかみの1話としては及第点だろう。

今後に期待大です。





☆ルパン三世(第4シリーズ)
ガンダムに続き、こちらもよく出来ていた。

30年前のTVシリーズを上手くリメイクした雰囲気があったので
すばらしいおっさんホイホイになりそうです。
TVシリーズ大好きな奴にはたまらないだろ。









☆ハイキュー!!セカンドシーズン
製作陣に大きな変更はありません。
よって、期待値はかなり高いです。

放送時間が日5から深夜に移りましたが、
制作費削ってる感じはしないので、それなら別に問題なしです。

腐女子に負けない程度には
面白いスポーツアニメになることを期待しているファンもここにいるのです。





☆終物語
いつものようにお話は進むので
あの雰囲気が合うか、合わないかになります。
最初の15分で判断つくはずなので、くれぐれも無理はするな。

また、傷物語も映像化の目処がたったみたいですしよかったよかった。



☆おそ松さん
赤塚不二夫生誕80周年を記念した、同氏の代表作『おそ松くん』のアニメ化。
今作ではおそ松くんらが大人になった『おそ松さん』となる・・・
はずなんだが、1話は完全に銀魂でした。
まぁ、監督が藤田陽一なんでそこはしかたない。

1話がクライマックスになってしまったが
さてさて本題の2話目をどうするのかきになります。

それにしても声優だけで反則気味ですよね。
トト子ちゃんを遠藤綾とかそえれだけでもうね。

カラ松(中村悠一)と絡むと狙ってないのにマクロスになるんだが
さすがにマクロスのパロネタはさけたのかな?
他の5人もこんなんで、これは腐向けアニメレベルです。

おそ松(櫻井孝宏)
チョロ松(神谷浩史)
一松(福山潤)
十四松(小野大輔)
トド松(入野自由)




☆うたわれるもの 偽りの仮面
先月発売されたゲームのアニメ化というよりかは
2002年(13年前)に発売された『うたわれるもの』の続編と言ったほうがいいのかもね。
私自身もまだ「2」にあたるこれはプレーしてないんで
のんびり鑑賞をきめこんでいる。
原作が原作だけに外すようなこともないだろうし。
それにしても13年もたつのか・・・





☆ご注文はうさぎですか?? 
今期も、心ぴょんぴょんさせれば幸せになれるよ。





☆蒼穹のファフナー EXODUS
分割2クールの後半戦
そんなわけで前半みてないとさっぱりわからないですよ。
それにしても、みんなあっさり死んでいきます。
そんな冷静にポエムを読んでいる場合ではないだろと。



☆緋弾のアリアAA
1期がすでにどんなんだったか記憶にない。
わずかに残るのは主題歌の『Scarlet Ballet』をMay'nさんが歌ってたくらいか。

その作品のスピンオフと言われるともはや新作ではないかと思うんだが
そこはそれ、1期の主人公をくぎゅが演じ、今回の主役をあやねるが演じる。

ごちうさ2期がなければ間違いなく養豚場はここに立ったはずです。

豚さんでなければ見なくてもいいと思うが、
今期は制作会社が動画工房に変わってるだけに即切りはしない方がいいかもです。







☆ノラガミ ARAGOTO
原作は『月刊少年マガジン』ですが
やはり女性ファンを意識した作り方をしてるかなと。
2期もその流を継続してますね。

主人公:神谷浩史 ヒロイン:内田真礼に
1期の終わりで仲間になった子:梶裕貴
敵対勢力(便宜上)のボス:沢城みゆき 部下:福山潤

これだけそろえば安定感半端ないっす。





☆K RETURN OF KINGS
相変わらず何がなんだかさっぱりなお話であり
今回の2期は1期の後にあった劇場版の続きのお話であるため
もはやお手上げ状態である。

しかしながらそれでも、
作品のノリとネットでの実況を上手く混ぜ合わせると
我輩はおもしろく思えるなり。そんじゃあ抜刀の準備はできたかい?

本来ならこのノリをアクエリオンでもして欲しいんだよね。




☆終わりのセラフ
ヒロインがはやみんだったり、井口さんだったり
敵幹部に悠木碧だったりですが、
作り手側は女性ファンを強く意識してますよねこれ?



☆ゆるゆり さん☆ハイ!
これで3期目だけどいつも通りゆるい日常学園系アニメです。




☆進撃!巨人中学校
スピンオフ作品。ギャグアニメにしてどうすんだ?
実写化もそうだけど迷走しまくってますね。





☆金田一少年の事件簿R
これも放送するんだね。いまさら説明もいらんでしょ。
むしろ原作を忘れてる頃だし楽しめるかもしれないってじっちゃんが言ってた。




☆ヤングブラック・ジャック
手塚治虫の「ブラック・ジャック」の前日譚。
主人公の医学生・間黒男が「ブラック・ジャック」になるまでの物語。

1話を観て気になった点としては
ブラックジャックですよ。天才外科医ですよ。
なのに手術シーンが・・・。
時代の流れとはいえ、手術シーンで規制により血がつけれないとか・・・まじか?
さすがにそれは規制したらあかんやろと、血のつかないナイフを見ておもたぞ。




☆ミス・モノクローム−The Animation−3
今期で3期目。さすが堀江由衣というべきなんでしょうね。
ファンの方は楽しんでくださいな。



☆新妹魔王の契約者 BURST
さすがにこれは・・・円盤売れてないはずなんだが?
なぜに2期ができるのか?
どんな力が働いたのかそっちの方がきになります。






<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・



正直にもうしまして、
今期は1話だけではこれだという作品を見つけられておりません。
ただ、
おそ松さんは継続作に書かずにこちらでもよかったのかな。




〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜

☆ヘヴィーオブジェクト
原作は、とあるシリーズでおなじみの『鎌池和馬』先生の作品です。
なもんで、これよりも禁書3期をはよやれよという声の方が大きかったりもするが
先週の電撃イベで禁書3期の予定はないと・・・

まぁ、1話を見る限りではなかなか面白そうな設定してますんで
この作品はこの作品で楽しめばいいんじゃないかと。

ただ、キャッチコピーは
「近未来アクション・ボーイミーツガール」となってるんで
戦争モノでどんぱちする事はないのかな?
続きがきになります。





☆すべてがFになる -THE PEREECT INSIDER-
原作は森博嗣のる推理小説
これだけで観るかどうかを決めれるなら決めていいと思う。
ノイタミナ枠らしい原作チョイスといった所です。

今期は物語シリーズ(終物語)もやってるんで
続けてみると頭を休ませたくなるのが困りものであるが
こういった会話をつなげていく作品は好きなんでね。

終物語がダメな子はこの作品も無理ですよ。










☆コメット・ルシファー
オリジナルロボットアニメであり
原案・シリーズ構成・脚本 - 野村祐一となってますし
1話を視聴した限りではエウレカ?のようなお話になるのかな。

続編作品が圧倒的な今期にあっては
ここを大穴として推してみたいのは
前期で、
それが声優!(一ノ瀬双葉)
乱歩奇譚 (コバヤシ)
がっこうぐらし!(直樹美紀)
結構穴ぽいところで活躍してた「高橋李依」が
ここでもいい役もらってるからかなと。





☆ワンパンマン
ヒーローにあこがれて努力した結果
相手を一撃(ワンパン)で倒してしまえるまでになった主人公だが
その強さゆえに物足りなさを感じていき無気力な生活を送ってしまっている
というなんともな設定なギャグ漫画でいいのかな?

なもんで、この漫画のノリなり、笑いなりが、
あえば面白いわけですが
あわなければ、当然すいませんになりますよね。



〜〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆櫻子さんの足下には死体が埋まっている
数年前にアニメ化してた『黄昏乙女×アムネジア』が近いかと。
主人公の櫻子さんは標本士の資格を持つ
拾った死骸を材料に骨格標本を作る趣味に持つ。

そんな彼女が殺人事件やらに巻き込まれては
首を突っ込んで事件を解決したりするお話です。



☆コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜
アニメーション制作 ボンズ のオリジナルアニメ
超人(宇宙人)とそれらが悪さをしないように見張る
主人公が所属する「超人課」という組織

メンインブラックの設定を思い浮かべていただければだいたいあってます。

そんなわけで一話切りでいこうとしてた所に
挿入歌が・・・

「あの素晴らしい愛をもう一度」

別に歌はどうでもいいんだが、歌ってる歌手が『川本真琴』とかね。

卑怯だわ、川本真琴とか卑怯だわ。
やきそばパン食べながら次回をまってます。





☆影鰐 -KAGEWANI-(10分アニメ)
ホラーものなのかな?
にしてはいきなり1話でUMAの姿みせちゃってるんだが
どうなってんだこれ?



☆対魔導学園35試験小隊
原作は富士見ファンタジア文庫のラノベです。
富士見ファンタジア文庫なんで少しは期待してみたんですが
やっぱり無理ですかね。





〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆ヴァルキリードライヴ マーメイド
おっぱいアニメ



☆Dance with Devils
今回女性向け作品は排除して書いてますが、
この作品も女性向け作品です。
それだけにここなんですが、
この作品はミュージカルアニメだそうで、
1話でいきなりヒロインの子が歌いだしてびっくりしたってお話でした。




☆俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
世間知らずのお嬢様が通う学校に
主人公が「庶民サンプル」として無理やし入学させられる
ハーレム展開になるのかな?アニメです。

まぁ、その設定だけでもう無理なラノベ作品です。






☆ハッカドール THE あにめ〜しょん(10分アニメ)
スマホニュースアプリのアニメ化。
なんかよくわからない所からネタを引っ張ってきてますが
アニメの内容としては、
どじっこメイドが、いらない奉仕活動をしては主人に迷惑をかける
メイド系テンプレ作品ですわ。




☆ランス・アンド・マスクス(原作ラノベ)
聞いたこともない出版社から出されているラノベなんですが、
そこは有名だろうが、そうでなかろうが関係ない。
ただ、このレベルの原作をアニメ化するのはどうなんや?

さすがにこれでは、
同じ出版社からでてる他作品を手に取ろうとは思わないよ。



☆小森さんは断れない!
2分アニメ。原作は『まんがタイムオリジナル』の4コマ漫画


☆JKめし!
5分アニメ





〜〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜

☆学戦都市アスタリスク 
☆落第騎士の英雄譚

2つ並べてるのは間違いではありません。
この作品2つは並べて観ることに意味があるのです。

というのもですね、この2作品
とんでもなく設定が似ています。似すぎです。
これぞラノベのテンプレとも言うべきポイント満載です。

1話では
ヒロインの下着姿を見てしまうお約束。

2話では
おっぱいの大きい子と小さい子のバトル。

なにも2話まで展開を似せなくてもw

とまあこのように、テンプレとは何かを学べる作品であり
そこを踏まえつつも作品としてのオリジナルをどこで出すかに
注目しながら観ないと・・・正直しんどいw

私としては。
2話までの評価は「落第騎士の英雄譚」が上ですが
果たして逆転はあるのか?それとも私の限界が先か?
どうなるやらです。
posted by 赤耳の猫 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。