2008年03月26日

おまいら権利はとれたかい?

すっかり忘れていたのですが
本日はどうやら「ジンギスカン」イベの当選発表だったそうですね。
いつもなら私もこの当落祭りに巻き込まれてるのですが
今回は早々にイベント回避を決め込んでいたので
対岸の火事でしかなかったわけですが・・・

回を重ねるごとに厳しさを増すばかりで
今回はこれまでで一番酷そうな当選確率のような気がします。
そろそろCDイベは卒業を考えないといけなさそうかな。



そんな普段なら当選メールが届くはずの12時になってもメールが届かず
当落祭りに油が注がれる中(結局14時ごろに配送されたみたいです)
大の大人達が何をしていたかといえば
本日25日は3月末の配当金・株主優待の権利取り最終日
つまり今年度ラストの権利取り最終日だったわけで
前日のアメリカダウの高騰もあり
あちらこちらで盛大にお祭りがおこっていたわけです。

そんな中、私がどこの祭りに参加していたかといえば
どっからみてもベリヲタブログにしかみえない
ブログをやっていようとも
一人のごまヲタとしてたとえ東スポ並みのソースしか用意されてなくても
エイベックス移籍からのごま子の復活を信じて
エイベックスの株を・・・

売ってしまおうと思ったことは何度もある
しかしながら既に買ったときより2万円も株価が下げれば売れるはずもなく
株主総会後にある総会ライブで
しかも今年は20周年記念ということで
そのサプライズにごま子登場を信じ
ごまヲタとしての矜持を胸に本日優待権利を確定させた。


そしたらさ、そしたらさ

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!!!

☆後藤真希オフィシャルブログ 再開
http://blog.gotomaki.net/

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!!!



そろそろごま子ターンの準備を開始してもいいっすよね?




ps
いまだに日本経済の最重要ポストである
日銀総裁の空席祭りが続いておりますが
いったい日本の政治家は何を考えているんでしょうかね。

アメリカのサムプライムローン問題が全世界に飛び火する中
その震源地であるアメリカは必死で経済政策を次々と打ち出す中
その右腕であるはずの日本は
自民党と民主党の大馬鹿2大政党のせいで
日銀総裁の次期総裁争いをメンツ争いの場にしてしまったわけですが
その間に何が起こっていたのかを
国民はもっと知らなければならないのではないのでしょうか?

確かにニュースで1ドルが100円になったと大きく報道されたので
しらない人はいないと思いますが
1月の前半に110円、
2月中旬までは105円をなんとかキープしてましたが
そこから一気に100円を突破した影響がどこにでたと思います?

一番影響があったのは『春闘』だと思うんですが
その要(賃金アップの基準)となる
日本のTOP企業のトヨタ自動車さんですが・・・
ドル円レートが1円円高になると
350億円の損益が発生するといわれていますよね。
(トヨタのような大企業なら絶対円高対策をしてるはずだが)

去年(今年度前半)は115円という
今となっては驚くべき円安好況もあり驚くほどの収益をあげていたわけですが
そこが全部削られる(っということにしとけば)
『そりゃ、儲かってますけど・・・、
 一番の市場であるアメリカの経済が安定しない以上、来年度は厳しくなる』
ってことで春闘での労働者側の要求は突っぱねられたわけで
トヨタさんがあげないなら日産などの自動車関係もあげなくていいわけで
そこから飛び火してソニー・東芝などの電気系もあげない
こうなりゃどこもあげる必要がなくなったというのが今年の春闘。

なぁ?もしも日本がしっかりした対策をとって
春闘期間を1ドル=110円で乗り切ってたらどうなってたんだろうね?


ちなみにさ、それをまったくせずに
メンツ争いをしていた自民党と民主党の
大馬鹿2大政党の議員の年収だけど
〜〜〜〜〜〜〜〜
* 月収130万1000円(年間1561万2000円)
* 歳費手当(つまりボーナス)は年間635万4480円
* 文書通信交通滞在費は月100万円(年間1200万円)
合計3429万480円の歳費が毎年国会議員1人1人に支払われる。
〜〜〜〜〜〜〜〜
痛みをともなう改革というのであれば
どう考えてもこいつらの給料ってか時給は
一流企業の平均ではなく時代の最先端である
ワーキングプアの平均時給350円を採用すべきだよな。

そうは思わないかい?
1000億の負債を作った新銀行東京に何の責任もとらせぬまま
あっさりと400億の追加投資を決めた
どこぞの腐れ東京都知事さん。
posted by 赤耳の猫 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | のほほん日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック