2007年10月17日

ごっちん紺ツアー2007 G-EmotionII〜How to use SEXY〜を観て来たぞ

ごま紺大阪が行なわれたから
はや10日も過ぎてしまったわけですが
このごっちん紺もメロン紺同様にいろいろと考えてしまうことがあり
なかなか文章にする事ができませんでした。


今回のコンサートは
前年に行なわれたG-Emotionの続きを意識していることは
ツアータイトルからもわかるわけです。
そのためコンサート序盤はその辺を注意しながら観てました。

さてそんなダンスを意識したコンサートですが
1年ぶりに生で観るごっちんのダンスは
たしかに前年よりも上手くなってましたね。
特に止めの部分(ポージング)の部分がかなり伸びていると思いました。
その特徴がでてる学ランのような衣装で踊る曲なんかはとてもかっこよかったです

が、

その他の部分は後のダンサーとの差が出てる部分があり
その点が解消されてこなければ
尊敬してるアムロちゃんのようにカリスマにはなれず
結果として客も呼べないと・・・がらがらの3階席でさびしく思ってたりしました。

ただ、これには昼夜2回公演からくる体力的な面を指摘する声もあります。
興行面から言っても1回公演よりもガラガラでも2回まわしの方が
チケットの売上総数的には多かったりと
私も1人のごまヲタとしては同情したくなる部分もあるんですが・・・
しかしながら、
結果としてステージでみせるパフォーマンスが
低下していたのであれば意味がないわけで・・・

前日にめちゃイケの岡村さんオファーシリーズに登場していた
EXILEさん達のダンスキッズ達を客に呼べるパフォーマンスを観ていただけに
このダンス路線を進んでいくつもりなら事務所も考えなければ駄目なんすけど・・・

あの事務所の収入源ってのがコンサートの興行であるかぎり
(他の事務所はコンサートは宣伝という意味合いの方が強く
 トントンか少しくらいの赤でも問題ないようなことをやってはります)
パフォーマンスの向上とチケットの売上を天秤にかけた結果は
なかなかひっくりかえるわけもないわけで・・・難しい所なんです


まぁ、こんな話はおいとくとして
コンサート自体はさすがごま紺スタッフってな具合で
・スモークたき過ぎと思うような所
・衣装に金賭けすぎと思うような所
など、演出はかなり頑張っていると思う個所が多々ありまして
一般人を連れて行ってもそれなりに楽しんでくれるのではと思いました。



こんな感じの事をコンサート前半では思ってたんですが
やはり『抱いてよ! PLEASE GO ON』のイントロが流れてしまえば
いっきにテンションが壊れるくらい上昇しちゃいまして
その後の記憶がほとんどなかったりします。

このイントロが始まれば無条件に
スポーツ界ではゾーンとか呼ばれてる世界に入っちゃうのが
何だかんだ言っていても私がごま紺に行っちゃう理由なんですが
この事が今回はコンサート後にいろいろ引きづる原因になりました。

というのも、今回の大阪公演からセットリストが変わりました。
その原因とされるのが客入りの悪さからくるてこ入れだといわれているし
実際にそういう面があるだろう事はセットリストを観ればわかります。

☆変更前
EN1.GIVE ME LOVE
EN2.Hips Don't Lie(原曲:Shakira)
EN3.愛のバカやろう

☆大阪昼
EN1.盛り上がるしかないでしょ
EN2.GIVE ME LOVE
EN3.愛のバカやろう

☆大阪夜
EN1.盛り上がるしかないでしょ
EN2.GIVE ME LOVE
EN3.スクランブル

一般アーティストのライブ視点なら
アンコールがその日の気分で変わるんだから大した問題ではないと言い切れますが
これはアンコールが当たり前にあるハローの紺であり
それをわかった上で組まれたセットリストの変更だけに・・・



3階席に逆ドリかますヲタが
『盛り上がるしかないでしょ』なんてきたら
タオルまわして馬鹿騒ぎするしかないし
『スクランブル』なんてこようものなら
E列以降まったく人がいないにもかかわらず
去年のG-Emotionを意識して、馬鹿ヲタどもは
I列とJ列の間の通路に横一列にならんで一斉に打ち始めるけど・・・

路線変更というのはとても難しいものです
なぜならこれまでのファンをある意味で切り捨てる事を意味するわけですから。

だけどね、ごっちんに切り捨てられるなら
それはそれで仕方がないことだと覚悟しています。
それくらい彼女からはいろいろなモノをいただきました。

だから、あなたが私を
こらから進んで行く道に落ちている邪魔な小石と思うなら
おもいっきし蹴飛ばしてくれてかまわないのです。


あなたにとって
3階席で昔を懐かしむヲタは必要なのかな・・・
ただの重荷にしかなっていないのではないのかな・・・


ps
来年の9月末で
こんな思い出のいっぱいつまった大阪厚生年金会館の封鎖がきまりました。

今後が白紙なのでなんともいえませんが
来年の9月23日はごま紺をここでして欲しいと今は思っています。

あなたが高みをめざすのであれば
たとえ重荷でしかなくても、
高みを目指す階段の1段として踏み台にはなれるはずだから・・・
posted by 赤耳の猫 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ごっちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック