2016年05月05日

今期(2016年春・04-06月)アニメの取捨選択


書くかどうか迷いましたが、
年々早くなる時間の流れの中では
記録として残しておかないと記憶にまったく残らなかったりする現状なんで
書ける時間があるなら書くべきなんだと思う。


4月30日に久しぶりにラジオ放送があった
アニソン三昧を聞きながらまったり書きはじめたんですが
(2015年のアニソンランクも書かずに終わってるんだよな・・・)

私達のような30代アニヲタが本当に少なくなりましたね。
その結果1990年代作品のアニソンがあまりもかからなすぎで悲しい。

そこまでガチでアニヲタをやってたわけではないが
90年代はエヴァかけとけばええんやろ的なノリだけは止めて欲しいんで
細々ではあるが発信していくことに意味があるのかなと。

また、アニソン三昧では40代スレにお邪魔して
上の世代と交流してたんですが、そろそろ引退かなという声もちらほらと。
先人達にはまだまだ頑張って欲しいもんです。








〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜

☆ハイキュー!!2ndシーズン
2クールで放送されていたんですが、
前半は1期に比べ演出が合わなかった感じですかね。

ハイキューは原作が出来のいい絵コンテを読んでる感じがするんで
アニメの方が行間が埋まっておもしろいと
勝手に言ってるんですが、2期は1期にくらべ
その行間が上手く描けていない部分も多々ありましたが
後半になるにつれ、試合が進むにつれておもしろくなっていきましたね。

特に、24話の青葉城西戦は2016年を代表する神回なんじゃないかなと思います。

3期も決まってますが、原作がたまるまでオリジナル編やってもいいのかも?





☆この素晴らしい世界に祝福を!
ラノベ作品なんで放送前はまったく期待していませんでした。
たぶんそれは製作者側も同じで全10話がそれをものがったっているんじゃないかと。

しかしながら、ここまで化けるのは
雨宮天ちゃんが演じる駄女神ことアクアさんが本当にはまり役でしたからではないでしょうか?
他にも、今期のプリキュアシリーズである『魔法つかいプリキュア!』コンビの
高橋李依(めぐみん役)、堀江由衣を奇跡的にもってこれたのもポイント高いです。

兎に角、キャラにあった声優陣を集めきったことが勝因でしょう。




☆僕だけがいない街
1クールでは時間がたりなかったか?
だけど2クールだと中だるみしてそうでなかなか難しいところですね。
風呂敷の広げ方が良かっただけにあと2,3話時間があればでしたが
久しぶりにおもしろいノイタミナ作品でした。

最後の部分は原作で補完するのがいいんだろうか?

実写化もされるみたいですが、
上手くやれば面白い作品ができあがると思うんで頑張ってくれ。





☆昭和元禄落語心中
2期が決まったんで最終的な評価は持ち越しになりますが
落語作品をしっかりみせてくれたのはよかった。

問題は、これとこのすばとまさかの2本ヒットをだした
アニメーション制作 スタジオディーン

ここが製作してるということだけが心配です。
くれぐれも質を落とさないで欲しいし、
製作時期ができるだけかぶらないようにしてほしい。






〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜

今期はアニソン好きとしてして
マクロスシリーズ新作の『マクロスΔ』がやはり一番の注目ですね。

すでに、1stライブも決まっていたり
チケットも先行発売されてたりという慌しさはありますが
そこはマクロスFでの経験を生かしてしっかりチケット確保したかんね。











<前期からの継続作品について>


☆ジョジョの奇妙な冒険 第4部
人気作なんで詳しい人にお聞きくださいな。



☆機動戦士ガンダムUC RE:0096
OVA版をみてくださいな。




☆暗殺教室 第2期
原作は無事完結しましたね。
少年ジャンプ漫画なんで、
あの終わり方にPTAから苦情がきてないことだけが心配です。



☆学戦都市アスタリスク 2nd Season
1期は相方アニメとの比較を楽しめたが
2期までこられてもお腹いっぱいですよ。




☆テラフォーマーズリベンジ
リベンジ失敗しそうな?無理に2期つくらなくても
原作の宣伝は1期で出来たと思うんですけどね?




☆影鰐(KAGEWANI)-承-
どの層が支持しているんでしょうか?





<2期目などの作品について>

☆マクロスΔ(デルタ)
今期はここですかね。
0048だとかアイドル化しすぎとかいわれますが
マクロスシリーズには、
歌、三角関係、バルキリーしか求めてはいけないという
鉄の掟が存在するのです。

そのことはマクロスFで学んだはずなんだが
どうしてみんな忘れてるんだと思っていたら
マクロスFって8年前だったんですね orz
忘れるんじゃなくて、知らなかったのね。


ちなみにFはシェリル派でしたが
今作はフレイア派でいくことが3話で決まりましたのであしからず。




☆美少女戦士セーラームーンCrystal
デス・バスターズ編 (第3期)だそうです。


☆うしおととら 第3クール
原作ファンくらいしかやっぱりみてないのかね?



☆コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜
分割2期なんですが、1期のお話忘れてしまってる。


☆境界のRINNE 第2シリーズ
NHKもっとお金をかけてください。





<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・





☆くまみこ
タイトル通り、熊さんと巫女さんが登場する、
熊が出てくる以外は普通の日常系アニメ。

巫女さん中学生のヒロインである、まちちゃんを楽しむアニメです。
萌え豚さんアニメといわれるとそれまでなんですけど。





☆ジョーカーゲーム
第二次世界大戦中が舞台のスパイアニメです。
かつて18禁ゲームをたしなんでいたヲタならば1話を見た瞬間
法月のとっつあんおひさしぶりです、などとつぶやいたことでしょう。
(まぁ、『車輪の国、向日葵の少女』は11年前なんですけどね)

そんな、とっつあん似の結城中佐に鍛えられたスパイどもが
世界各国で諜報活動をしていくという話です。

ただ、現在5話まできましたが
1,2話の勢いが落ちているのが若干心配です。




☆ふらいんぐうぃっち -flying witch-
青森県弘前市が舞台の魔女修行作品です。
大まかには日常系作品に分類される作品ですんで
合う合わないかは1話で確認してください。

少し抜けてる、おっとりしている魔女みならいのヒロインが
つくりだす作品の空気があうかあわないかです。







〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆甲鉄城のカバネリ
進撃の巨人系作品なのかな。
これは巨人のかわりにカバネ(ゾンビ)におびえながら暮してます。

そんでもって、主人公、ヒロインが
カバネに噛まれながらもカバネ(ゾンビ)化せずに
カバネの力を手に入れているという。

ここまで書いていると、ほんと進撃だろとは思うんですが
この作品の作画レベルがやりすぎです。
ここ最近では『Fate』や『神撃のバハムート』クラスの作画です。
その点だけでも今後増えることが予想されるバトルシーンは見ものじゃないかと。





☆僕のヒーローアカデミア
『週刊少年ジャンプ』で連載中のアニメ
落ちこぼれ少年がヒーローを目指して成長していくヒーロー漫画。
日5枠にもってくるだけあって基本的な部分はしっかりおさえてます。

ただ、この作品の最大の誤算は
「ワンパンマン」というヒーロー作品が昨年末に放送されてしまったことでしょう。

主人公が最強と最弱の違いはあれど、
見せ場のバトルシーンは辛そうになりそうですね。




☆Re:ゼロから始める異世界生活(ラノベ作品)
異世界召喚作品です。
ヒロインを高橋李依さんがしてたりね、
お話もセーブポイント(自動セーブだけど)を使った時間ループもので
お話もそれなりにしっかりしてるんですが・・・

主人公がラノベ特有のメタネタを使いすぎてるせいで
自爆してる気がします。
主人公がもう少しましならもっと評価が上がると思うんだけどな。
もったいない。




☆クロムクロ
P.A.WORKS初のロボット作品
どう転ぶかいまのところわかりませんが3話まで観た感じではいけそうかな。





☆ばくおん!!
タイトルから想像される女の子達の楽器をとっぱらって
変わりにバイクに乗せてみるといいかな。
そんな作品なんで、お歌はなしです、あしからず。

バイク好き女子高生の日常系アニメですね。





☆ハイスクール・フリート(はいふり)
一言でいうなら「ガルパンの海軍化」アニメです。
1話からさっぱりわからない状況に追い込まれてますが
そんなことは些細なことだ。
萌えるか?萌えないか?だろ。






☆坂本ですが?
スタイリッシュギャグアニメだそうです。
それが何を意味するかを説明するのはむずかしいですが
ギャグアニメには違いないので笑いが合うか合わないかです。
1話みて判断ください。





☆文豪ストレイドッグス
『ヤングエース』連載中の異能バトル系作品
能力名が「人間失格」、「羅生門」などの文学作品の名前からとられています。

主要登場人物の声優陣に宮野真守、神谷浩史がいますんで
何も考えずに観れば、普通に楽しめるとは思いますが
それ以外に強調部分が少ないかなと。




〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆ビッグオーダー
『未来日記』作者の次回作です。
そんなわけで『未来日記』の雰囲気は今作でもありますんで
そこで判断すればいいんじゃないかと。





☆ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
タイトルからわかるとおりラノベ作品です。
部活系もので、ネトゲ好きが集まったネトゲ部が舞台。
「ばくおん」のような専門用語がちょくちょくはさまれることもなく
ネトゲとリアルを混同しちゃうヒロインが暴走するのを楽しむ作品となってます。




☆キズナイーバー
登場人物たちが痛みを共有するグループを勝手にほうりこまれる。
脚本が岡田麿里だけど
この設定なら『ココロコネクト』でいいんじゃね?



☆三者三葉
『まんがタイムきらら』連載中作品。
↓のあんハピとの2択ならこちらをお勧めする。



☆あんハピ♪
『まんがタイムきららフォワード』に連載中のアニメ。

きらら系日常ものです。
不幸な女子高生の日常を描いています。




☆双星の陰陽師
『ジャンプスクエア』連載中の作品。
タイトルからわかるとおり陰陽師ものですが
あくまでジャンプ系作品であるんで腐女子さんの登場することもない絵ですし
「僕のヒーローアカデミア」を観ていた方がいいんでわないかと。




☆ハンドレッド (ラノベ作品)
一言で言えばどこかで見たことのあるかなと
ISのような機体を使ってバトルしてますけどね。
どこかで読んだ展開しかしてないかなと。




☆パンでPeace!
日常系4コマ漫画パンアニメ?
パンが好きな女子高生たちの平和な日常を描いた作品です。





☆迷家‐マヨイガ‐
人生やり直しツアーに参加した30人の男女がトラブルに巻き込まれていくお話です。

監督 水島努
シリーズ構成 岡田麿里

ここでも注目されてはいたんですが、
登場人物が「人生やり直しツアー」なんていうものに集まってしまう方々ですんで
観ていてイライラしてくるのは大人げないのでしょうかね?




☆エンドライド
ゲームとのメディアミックスをするんですが?
肝心の作品自体がラノベ作品よりも評価が低いのはどうなんやと。

主題歌をLUNA SEAが歌ってる所しか書く所がないんですが。




☆宇宙パトロールルル子
悪さをする宇宙人を取り締まるメン・イン・ブラック系のギャグアニメですが
アニメの出来うんぬんよりも主人公の住んでいる地域がどうなんだと。
そこを出すくらいなら、日本某所でよかったんじゃないかと。








〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆薄桜鬼 〜御伽草子〜
乙女系アニメのスピンオフ?チビキャラ化でアニメ化してます。
このシリーズは、たしか主題歌にいい曲があった記憶があるんで
良いアニソンがでてきたらいいなくらいで・・・



☆SUPER LOVERS -スーパーラヴァーズ-
得意な方にお任せします。



☆聖戦ケルベロス
グリーが開発・運営するソーシャルゲームのアニメ化です。
松岡君とか内田真礼ちゃんとかでてますが
無駄遣いはおやめください。






〜〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜


☆逆転裁判
「異議あり」で有名なゲームですが
何故この時期にアニメ化?そんでもってここまで酷いシナリオ。
ゲームしといてください。

このゲームをやったことがある方は
どういうふうにお話を構成するかの勉強に使ってくれ。
posted by 赤耳の猫 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック