2016年01月17日

今期(2016年冬・01-03月)アニメの取捨選択


遅すぎますが、まずは
新年あけましておめでとうございます。

今年はもう少し現場の回数を増やしたいなという気持ちを
少しでも実現する方向へ頑張ってみようかと思います。



さてさて、今年も相変わらずアニメからスタートですが
ゲスだとか、SMAP解散とかでなく、
一般の話題も扱えるところをアピールしておくとですね
皆さんは本日行なわれているセンター試験の問題みましたか?

昨年(2015年度)の問題はパクツイで話題になったセンター国語ですが
今年もどうやらやらかしてるみたいで・・・

スタートからりかちゃん人形が発売されたのはいついつで・・・からの
注釈部分に『やおい』『メイド喫茶』なんての登場するそうで
全国の受験生は本当にお疲れ様です。


そっか、これからの時代を担う若者の運命を決める試験に
こんな問題を出すんだから、2次ヲタの先輩として
「やおい」やら「メイド喫茶」などの2次文化をもっと発信していかなければ
ならないんですね。わかります。

ただ、まかせろと言い切るつもりもないし
実際の出題文章はそこから一気にお話を吹っ飛ばして
なぜか結論が、個々人におけるキャラ設定がどうのこうのって話で終わってます。

つまり、嗣永桃子師匠が芸能界で生き残るためにももちを演じるのは
不誠実なことではなく、むしろその技術とその覚悟をもっと理解しろってわけですね。
わかります。


と、そんなどうでもいい話はこの辺にしてそろそろ本題へ





〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜〜

☆蒼穹のファフナー EXODUS
もう、赤字ばっかりのタイトルを観なくていい
それだけが希望ですw

1期からおよそ10年の月日もたってしまえば
ところどころ抜け落ちてしまっているエピソードを
ニコ動の一挙放送で勉強しなおしたのち
再び見直すとですね、一つ一つの台詞が重い重い。

続編だっただけに既存のファンしか
おそらく観てないのがもったいないと。

本来はこういう作品をブログなんかで取り上げて
うまく世間に発信できたらいいんですけどね。

入り口としては、蒼穹シリーズのゼロにあたる
『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』を絶対観て欲しい。
ここさえ観てくれたら
TVシリーズ1期、劇場版、2期と勢いだけでいけるんだ。





〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜



新作では
☆昭和元禄落語心中
☆僕だけがいない街(ノイタミナ枠)
この2作品が図抜けてるとおもいますんで一度チェックしてください。



続編では
ハイキュー、デュラララ!!、おそ松さん、はおさえてて。

この3つの言葉をつかって文章を作れという問題があるなら
採点基準の1つに、『腐』という言葉が含まれているかどうかという
チェックポイントが存在するだろう。

さて、そんな腐海にのまれた、もとい
女性人気に支えられ大ヒットを記録した、記録している作品達ですが
売り上げ(経済)的側面からみますと

デュラララ!! → ハイキュー → おそ松さん

っと、その人気の移り変わりの速さに驚くばかりです。


前期は10年も続いている『蒼穹のファフナー』を楽しんだものとしては
できれば、どの作品もおもしろいだけに
最後まで見届けてあげて欲しいなと思うばかりです。
(なにげにデュラララ!!も原作1巻発売から10年超えてんだね)

ついでに腐海にのまれたつながりで言っとくと、
『コードギアス 亡国のアキト』も
ようやく2月6日に最終章ですんでお見逃しなく。









<前期からの継続作品について>

☆機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
まだまだ序盤過ぎる。かなりゆっくりお話を進めてるかなと。
今のところ楽しく見させてもらってます。
唯一の不満はOP曲をどうにかしてくれくらいかな。


☆ハイキュー
こちらは前クールが合宿編だっただけに
後半はその成果が披露される秋大会なだけにこれからの盛り上がりが楽しみ。


☆おそ松さん
いろいろと酷いですが、それがほめ言葉となるところもありますんで。
当たり回と外れ回の差がはげしいような。


☆うたわれるもの
戦闘回をさんざんやっておいてからの日常回の酷さは・・・
1期見てなくても問題なかったのはありがたいけど。



<2期目などの作品について>


☆赤髪の白雪姫
2期目です。ヒロインをはやみんがやってる。
たぶんそれだけでいい。
というか、それだけで人気を得ていると思うのは気のせいか?
白雪の人気高いね。



☆デュラララ!!×2 結
完結期ですが、原作読んでないと
いっきに登場人物が増えすぎた印象を受けるかもしれません。
こっから群像劇のおもしろさが加速するんでついてこいよ。



☆暗殺教室 第2期
1期とかわらないですが、そこを評価したい。
安定飛行するでしょう。規制が入らなければですが・・・



☆GATE(ゲート)-自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり-
2期目です。異世界ものでよかったのかね?
人気はあるみたいなんで時間があれば1期からどうぞだそうだ。



☆ナースウィッチ小麦ちゃんR
02年から05年にかけて製作されたOVAアニメの続編だそうだが
さすがに記憶にあるわきゃない。
どこの層を狙っているのかも謎で、なんというか3話すらもたない。



☆闇芝居 第3期
なにげに怖いシナリオです。ですんで私は苦手です。




<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・





☆昭和元禄落語心中
タイトルからもわかるとおり、落語のお話。
それだけに、声優陣が低レベルだとそれこそお話にならないのですが

声優陣は3分間の落語提出オーディションを勝ち抜いた精鋭だそうで
石田彰、山寺宏一の2人もオーディションを受けたそうです。


落語にくわしいヲタがどのような評価をするかはおいとくとして
ガチ過ぎる石田彰、山寺宏一の2人を選んでるんで
そこを見所にしても面白いかと。

とりあえず、1話が47分(2話分)の長さになってますんで
じっくり観て観て感想を聞かせてくださいな。






☆僕だけがいない街(ノイタミナ枠)
主人公の意思に関係なく、
直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、
その直前の場面に何度もタイムスリップしてしまう「再上映(リバイバル)」という
特殊能力をもっている主人公(29歳)のお話。

「再上映(リバイバル)」の能力はせいぜい事件の5分ほど前に戻るものであったが
ある事件で母親が殺人事件に巻き込まれ死亡
そこで発動したリバイバルによって、いっきに時間が遡り・・・

巻き戻った時代は、リバイバル能力発動のきっかけになった
主人公のトラウマとなっていた誘拐殺人事件の数週間前。


さてさてこれからどうなるって感じで
当たりを感じさせる1話でした。


どうでもいい話だが、
巻き戻ったのが18年前の小学5年生ってことで
体は子供、頭脳は大人、
強くてニューゲームって思ってる若い子達は
主人公の母親役が高山みなみさんだけに
バーロー、やら、せやかて工藤などの脳内実況に苛まれてるらしいw




〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆灰と幻想のグリムガル
水彩画で描かれている画像とか凄くいい感じで期待値は高いですが
シナリオがその高くなりすぎてる期待値に答えてくれるかどうかですね。

お話は、SAOなどに代表される
ゲーム(MMO)内に閉じ込められた所からスタートしています。
ただし、現世での記憶をなくして(消されてるのかも?)おり、
気が付いたらレベル1の状態でゲームのスタート地点の街でお目覚め。

やさしい世界でのんびりファンタジーなのか
絶望系まで針を振り切るのかは今後のお楽しみです。







☆少女たちは荒野を目指す
3月発売予定のゲームのアニメ化です。
「冴えない彼女の育てかた」2期なんていわれるとおり
こちらはPCゲーを作るそうです。

冴えカノの丸戸に対してこちらはロミオ。

甲乙つけがたいが、ここに原画が松竜とくると
『CROSS†CHANNEL』のコンビのできあがりってことで
こっちの作品の方が期待値があがるかなと。

田中ロミオ文学が楽しめればそれでいいです。





☆無彩限のファントム・ワールド(京アニ作品)
凸森が森サマーでおっぱいがぷるんぷるん。
京アニはいったいどこへ向かうつもりなんでしょうか?




☆紅殻のパンドラ  (原案 士郎正宗)
初期プロットでは『攻殻機動隊 ARISE』と同一の世界観を舞台にする予定だったが
企画自体が一転二転した結果こんな形になりましたとさ。

田中敦子さんが声あててたりするんで、攻殻要素を探しつつ
この作品も楽しんだらええんちゃう?





☆Dimension W
『ヤングガンガン』で連載のち『月刊ビッグガンガン』に移籍して連載中。

今期の穴はここじゃないかという気がしないでもない。
1話だけでは世界観の説明程度でしかないんで結論は難しいが
対象年齢が低いと3話できりそうだが、
それなりに高めの設定をしているのであれば期待できるかと。





☆この素晴らしい世界に祝福を!
角川スニーカー文庫から発売のラノベ作品です。

1話冒頭の流れをみて
「それなんて幽遊白書」っと突っ込んでしまったおっさんですいません。

改めて富樫仕事しろといいたくなってしまった気持ちはひとまず置いといて、
幽遊白書という古典作品をしらない世代なら
「ダンまち」くらいの作品として楽しめるのではなかろうか?

今作のヒロインであるアクア役(謎の紐、的存在)を
雨宮天ちゃんが演じるのもポイント高いと思います。





☆アクティヴレイド 機動強襲室第八係 第一期
分割2期の前半クールです。
1話を見た限り、パトレーバー?なのかな。
タイバ二を意識してたりもするんでしょうかね?

個人的にはメインキャラよりも
所属してる部署の脇役勢がいい味出してきそうなんで
パトレーバーな面白さが出てきて欲しいっす。




〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆ブブキ・ブランキ
みかこしさんでてるんで個人的には期待してたが・・・
「神様ドォルズ」のような感じになるのかな。
1話では世界観がつかみきれませんでした。
特殊能力で戦うような、神様ドォルズのように式神(ロボット)を操るのか?




☆だがしかし
『週刊少年サンデー』にて連載中の漫画
ほとんど記憶にないと思ったら連載から1年しかたってないのね。
ちょっとあせりすぎのようなき・・・アニメ化は早すぎただろ。

駄菓子屋が舞台なんだけど、ギャグアニメなのか日常系なのか?
声優陣に竹達彩奈、藤原啓治ところが今のところ一番のポイントかな。




☆虹色デイズ
『別冊マーガレット』連載の少女漫画。
それだけ切ってしまってかまわないが
15分アニメになってますんで、流し観程度なら苦にならないかな。
主人公:松岡禎丞さんで声になれてるのもあるけど。




☆おしえて!ギャル子ちゃん(ウルトラスーパーアニメタイム)
10分アニメ。
能登さんのナレでちょいちょい入る質問が酷すぎる。
が、10分アニメなら丁度いい感じにおさまってます。



☆旅街レイトショー (ウルトラスーパーアニメタイム)
動画は紙芝居でしたが、10分アニメということでありかと。
1話ごとに短編が続いていきそうですが自分にあうお話があればいいなと。
それにしても1話のオチが・・・いいのかそれでw



☆石膏ボーイズ(ウルトラスーパーアニメタイム)
10分アニメで正解です。30分だと持ちません。
おそ松さんとおなじ期にやれるというのはうまい戦略だとおもた。



☆蒼の彼方のフォーリズム
原作エロゲーなんですね。どおりでいろいろと・・・。
そらを飛ぶのにスカートはいちゃ駄目です絶対。




☆最弱無敗の神装機竜
ここまでテンプレだとどうなんや。
これもラノベラノベしすぎてますね。
IS2期などと呼ばれるのにも納得です。



☆シュヴァルツェス マーケン
エロゲである『マブラヴ オルタネイティヴ』のスピンオフ企画作品。
マブラヴシリーズが好きならどうぞです。
名前を聞いてもわからないならお勧めはしないです。



☆ディバインゲート
スマホゲームのアニメ化。
ざっと見た限り、声優陣の欄にそれなりの名前が並ぶだけに
声優アニメとしてみていくべきなのかな?
1話は伊藤かな恵さん役の子がかなりでてたけど。





☆ファンタシースターオンライン2ジ アニメーション
PSO2のアニメ化なんですが
なぜにこの時期?素直にゲームしとけばいいっしょ。



☆ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜
響け! ユーフォニアムのような吹奏楽部ものだと思ってたんだが
原作は推理小説だそうで、部活動はおまけ的な扱いだそうです。

主人公(女の子)の幼馴染(男)が吹奏楽部の顧問(男)を好きな設定は
はたして必要だったんだろうか?

あと、普門館は耐震問題で使われてないはずと思ったら
やっぱりツイッターでたくさん流れてた。




☆ラクエンロジック
トレーディングカードゲームの促進アニメ?
WIXOSSのようにアニメとして面白ければ観るんだが
そこまで面白くなりそうな予感がしない。



☆魔法少女なんてもういいですから。
5分アニメです。せめて倍の10分あればいいのに。



〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆大家さんは思春期!
3分枠の短編アニメ


☆プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ
乙女系作品。ヒロインにざーさんでてます。


☆ノルン+ネット
女性向け恋愛ゲームのアニメ化。
OP、ED、挿入歌などを「やなぎなぎ」が担当してます。


☆おじさんとマシュマロ
5分アニメ



〜〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜

☆霊剣山 星屑たちの宴
日本のスタジオディーンと中国の深圳市テンセントコンピュータシステムの
共同企画によるテレビアニメ作品

なぜにこれを日本で放送しようと思ったのか?
SAOなんかが中国でも流行ってると聞いてただけに
この作品を楽しむ中国人アニヲタはいるのかしら?
ラベル:アニメ
posted by 赤耳の猫 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック