2014年10月18日

今期(2014年10-12月期・秋期)アニメの取捨選択




まとまった休みであったお盆休みに
一気に楽しむはずであった『WHITE ALBUM2』を
お盆休みが終わってからプレーし始めると
まぁ、オールクリアーし終わるのは9月末日だわな。

そんわけで、早いもんで今年も最後の秋期となりました。


っと、いきなりエロゲーの話で始めてみたのは
下でも書きますが、今期はエロゲ原作が多いからですが、

単純に作品を気に入ってもらえればそれでいいけど
原作をお勧めしていいかどうかとなると考えてしまうのですよ。


というのもですね、
今期、私が期待している『グリザイアの果実』ですが、
この作品、実は3部作なんですよね。

『グリザイアの果実』はその1作品目で
『グリザイアの迷宮』
『グリザイアの楽園』
という感じで続いてしまうのです。

エロゲをたしなむ習慣がある方ならおわかりでしょうが、
習慣のない方に説明するとですね、

1作品 >> ラノベ10冊 

実際の文字数がどうなってるかはしりませんが
体感でいうとこんな感じですね。
(値段的にいってもエロゲ1本あたりラノベ10冊以上はするしね)

それが、グリザイアの場合は、かける3になるのです。

今日からプレーしても
ラノベ30冊を読みきるのにかかる時間を考えますと
年内に終わるかどうかのレベルですよ。


エロゲは学生の必須科目であって、
社会人が選択するには(時間的に)厳しい科目ですね。








〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜〜


☆ハイキュー!!
前期の「ピンポン」が高二病を刺激するかっこよさを持つなら
「ハイキュー」はその真逆、王道がもつかっこよさがあります。

それだけに、
女性キャラが少ない→男性キャラが多いので
腐向け作品と勘違いしたり、また、実際に腐人気もあり、
作品にとってどうでもいい所で誹謗中傷がでてますが
それはアホのすることだと早く気付いてほしいものです。

久々にここまでかっこいいスポーツアニメで
そんでもって、
原作を超える良さをアニメで見せてくれた作品を素直に観てほしい。

わかりやすい例をあげれば、
日向、影山の連携プレーである「変人速攻」の描写は
原作では表現できない部分を、速さのある映像と演出で見事に魅せている。

お話の方も、後半に行くにつれ加速度的に面白くなり
特に旭さんを軸にした心理描写の流れの部分が好きです。

伊達工戦での(17話)パイプ攻撃が決まった瞬間は涙なしにはみれなかったし、
そこから青葉城西戦(21話)で菅原が交代しそうになる直前に
「次の1本俺によこせ、絶対決める」の台詞
旭さんかっこよすぎだろ。

これで熱くならなかったらスポーツアニメなんか観なくていい。






☆月刊少女野崎くん
タイトル部分でわかるように
「月刊少女」と「野崎くん」という2つの言葉にズレがある。

このズレこそがこのアニメの最大の魅力といっていい。
そのズレに振り回されるヒロインの佐倉千代ちゃんがかわいかった。

わかってるもん、わかってるもん
変化球がくるってわかってるもん
そんでも、千代ちゃんと一緒に、飛んできたボールを振りにいっちゃうのが
このアニメを楽しむコツですよね。


アニメーション制作 動画工房

これで今年は「未確認で進行形」に続いていいアニメ作ってます。
その他にも「ゆるゆり」「恋愛ラボ」と
こういった系統の作品にはめっぽう強いね。今後に注目です。





☆ばらかもん
自分らしさってなんだ? “人とは違う” で差をつけろ

OP曲「らしさ」の歌詞からもわかるように、
自分探しの成長もの作品です。
それを、主人公を書道家として作った作品です。

作品のもつ空気感を楽しむアニメです。
とても心地いい作品でした。

まぁ、俺得としてラストの12話で
主人公のかあちゃんが大暴れしてくれたのはうれしかった。

半田えみ(主人公の母):鷹森淑乃

私としては『鋼の錬金術師 FA』での
エルリック兄弟の母役以来でしたけど
そこでは12話のような演技は観られなかったもんでね。

やっぱ、おっさん世代にとってナディアはやばいっすよ。

当然だけど、私が小学生からおっさんになったってことは
鷹森淑乃さんも年を重ねられたわけでして、ググってみて驚いたわ。
(女性なので年齢のほうは控えさせてもらいます。)







そんでもって、悪い方向で気になったのが

☆グラスリップ
アニメで純文学をやるとこうなるよね。
最後まで視聴者おいてきぼりはひどいっすよ。

話の落ちも、いろいろと想像するしかないけど
それすら放棄して、意味不明で投げ出してる子が多いぞ。

私自身、他の視聴者を納得させれる答えはだせていないけど
全部ヒロインの女の子の妄想だったのかな?と。

かっこいい男の子が転校してきたらいいな。
その男の子は、ピアニストの家の息子さんとかだったら素敵。
そんでもって、付き合えたらいいな。
でもそしたら、私たちのグループ大変かな(男女関係で)

ともかく、「純文学なら仕方ない」って感じで無理やり納得してる。









〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜


今年はなぜか期によって同じ系統のアニメが固まりますね。
春はロボット、夏は「全国書店員が選んだおすすめコミック」作品
そんでもって今期はエロゲ。

たぶん、今期のテンションの高い低いは
エロゲに対しての認識の違いなのではないでしょうか?


☆Fate/stay night UBW
☆グリザイアの果実
☆大図書館の羊飼い
☆失われた未来を求めて

そんでもって、久弥直樹が担当してる
☆天体のメソッド


こんだけあると、エロゲ独特のテンポに少しくらいは慣れるのかもね。
無理することはないが、「Fate/stay night」を押さえつつ
グリザイアぐらいには手をのばしてほしいものだ。







そんでもって、触れときたいのは
今期のアニメは作画を頑張りすぎている作品が多いですね。


☆Fate/stay night UBW
☆神撃のバハムート GENESIS
☆四月は君の嘘
☆結城友奈は勇者である

あたりはこのままゴールできるのか心配なレベルです。
(頑張ってほしいけど)


☆SAO
☆甘城ブリリアントパーク(京アニ)

この辺は安心してみてられる常連さんです。









<前期からの継続作品について>

☆ソードアート・オンラインU
銃撃戦がメインのオンラインゲームなのに
ライトセイバーを振り回すバトルシーンはどうなんだと

それ以外は安定期にある作品ですので
今期あたりの空気が合う合わないで視聴判断してくださいな。




☆白銀の意思 アルジェヴォルン
ジェイミーちゃんかわいい。そんだけだ
監督には、今期の「魔弾の王と戦姫」で巻き返してほしい。







<2期目などの作品について>

☆Fate/stay night UBW
今期の覇権アニメです。
SAOがあろうが、私はこっちの信者ですので。
アスナさんより、凛ちゃんです。




☆ガンダムビルドファイターズトライ
1期はまさかのギャンでしたが、2期はドムがかっこよすぎるw
オリジナルガンダムとして今期はGレコもやってますが
やっぱりこっちの方が好きかも。






☆ログ・ホライズン第2シリーズ
Fate/stay nightを焼き直ししている期に
良作だった1期を作ったのに制作会社が変更されているとかね、
しかも、2期の製作会社が「スタジオディーン」とか、

なんやこれ、笑うところかいな・・・

どんな力が働いたかはしらないが、
ファンにとってはあまり嬉しい事ではないですね。
特に、2期も2クール全25話予定しているのに
1話目から作画が酷いとかありえないだろ。





☆selector spread WIXOSS 第2期
かなえたい願いがあるが故に揺らいでしまう。
その揺らぎをうまく表現したのが「まどかマギカ」なんですけど
こちらも主人公の少女たちが、幼いが故に
希望にすがり、絶望へと足を踏み出していくあたりのシナリオが
あと少し何かをたせれば化ける可能性がありそうなんだけど。

願いの強さ、願いのかなえ方、ともに後一歩感があるんですよね。

分割2クールの後半でさてどうなるやら。
アキラッキーがんばれ、超がんばれ。
この作品が面白くなるかどうかはアキラッキーしだいだ。






☆PSYCHO-PASS サイコパス 2
朱ちゃんがとんでもなく成長してるんだが
これはどうなんだろうね。

できる女性枠は攻殻の少佐がすでに埋めてしまっているんで
なかなか厳しいものがあるぞ。




☆蟲師 続章
なぜに分割にしたのかはしりませんが
いい作品を作るためならしかたない。



☆弱虫ペダル GRAND ROAD (第2期)
無事に2期も製作されましたね。
っていうか、2期くるの早すぎないか?
いい作品だけに、急いで作って質が下がってないかだけが心配です。





☆棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE (第2期)
自分にはあわなかったので他のサイトを参考にしてください。








<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・


☆グリザイアの果実
完全に俺得枠です。

原作エロゲーってだけで黒歴史化一直線ではあるんですが、
グリザイアの果実、迷宮、楽園と3部作の大作を存分に楽しんだ者として
応援だけはさせてもらう。

どこぞのがはらさんで有名な榊由美子やら
水橋さんが熱演する、愛すべきあほの子こと、ちるちるやらがいまして
テキストの面白さも持っている作品ではありますが
それだけで、1作品につきラノベ10冊以上を軽く超えるボリュームの3部作を
楽しんで読み続けるのは無理というもので、
それを支えた、シナリオの面白さは天姉1択なだけにアニメ化は・・・

ネタばれスレスレだけど、
18禁=エロゲーみたいに思われてますが
18禁だからかけるシナリオの奥深さってのが
私がエロゲーをやり続けてる理由だったりするのですよ。

まぁ、一姫さんが出てきてからが本番だ。
そんなわけで、さっさと原作をプレーしてください。
間に合わなくなってもしらないからな。
エロゲランキングで1位を取れなかったのは
相手が『WHITE ALBUM2』だっただけなんだからね。






☆四月は君の嘘(ノイタミナ枠)
俺得枠その2

中学生のピアニスト(主人公)とヴァイオリニスト(ヒロイン)の
ボーイ・ミーツ・ガール系作品

月刊少年マガジンに連載されているお気に入りの作品です。
それだけに、グリザイア同様しっかりとアニメ化して欲しいと願っております。

1,2話ともに作画は頑張ってくれてるんでこの調子でお願いします。








☆神撃のバハムート GENESIS
課金ゲームのアニメ化ってだけで0話切りだろと思っていましたが
これまじでよくできてます。
それだけに、どんだけゲームに課金してんだよ・・・って気にもなりますが
まじでよくできてます。
今からでもタイトル変えちゃうのもありじゃね。

だまされたと思って1話を見てみなさいな。
だってさ、まさかこの課金ゲー作品が
Fate/stay nightに喧嘩売れるレベルの作画とか音楽とか
誰が想像できんだよ。







☆Hi☆ sCoool! セハガール
セガの歴代ゲームハードを美少女へと擬人化した「セガ・ハード・ガールズ」のアニメ。

セガ信者なら観るだろ。それだけだ。









〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆甘城ブリリアントパーク
『フルメタル・パニック!』の賀東招二作品
それを京アニがアニメ化
それだけで、期待するのはしかたのないことです。

今回のお話は
斜陽のテーマパークを主人公が再建させるお話です。
どういったネタで面白くするのか楽しみです。





☆俺、ツインテールになります。(原作ラノベ)
タイトルからして、
よくて3話、悪くて1話で切られる筆頭のようなアニメ。

実際、お話の方も
ツインテールが大好きな主人公が
なぜか、ツインテールを排除しようとする異世界の魔物と戦うお話。

たった2行のシナリオ紹介だけでも書いてて馬鹿らしくなるレベルなのにね。

凸森、丹生谷コンビに、内田真礼とか
作画がなにげに良かったりとか
製作陣がすでにお馬鹿を楽しんでいるんでそれに巻き込まれればいいんじゃね。






☆クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
ヒロイン役に水樹奈々、その母親役に林原めぐみと
FF零式で披露されたコンビ再びだけでなく、
まわりの配役もそうそうたる声優陣がそろう中、

グリザイヤよりもエロゲー展開の第1話でしたね。

それだけに、わざわざ話題づくりに
ガンダムSEEDまんまのOPとかせずともよかったかと。
(もったいないことしたんじゃないのかな?)

お話の方も、1話だけみれば
サガフロンティア2のギュスターヴまんまの展開だったりと
あまりやりすぎるとオマージュではなくパクリになっちまいますので
はやく、このアニメの独自色をお願いします。

ってか、こっからどうやってロボットアニメになるのか謎である。







☆結城友奈は勇者である
・Aチャンネル
・きんいろモザイクシリーズ
・織田信奈の野望(マッドハウスと共同制作)

この辺りの作品を作ったStudio五組が製作する今作品。

そのまま日常系をやっていればキャラもかわいいし
いつもどおりそこそこやっていけたはずなんですが、
なぜに、魔法少女ものというか、
1、2話連続放送を見る限り『ビビットオペレーション』臭がしすぎです。

なんとか盛り返してくれるのを期待してこの位置においときます。
今のままのシナリオじゃきついっす。







☆寄生獣 セイの格率
グロがいける方ならもっと上の評価になると思います。
こちらも20年位前の作品なんで、アニメ化にあたり小物は変わってそうです。
(ネット環境などないに等しい95年以前の漫画ですので)

主人公の右手に寄生するエイリアン(ミギー)の声を平野綾が担当してることが
1番話題になる部分なのかもしれません。

今冬に映画化されるそうなんで、それにあわせたメディアミックスなんで
さっさと、評価の高い原作読んでしまった方がいいんでしょうね。
グロが駄目ではないならね。







☆ガンダム Gのレコンギスタ
正直言いまして、ガンダムガンダムビルドファイターズ2期の方が期待がでかいです。

富野由悠季が『∀ガンダム』以来15年ぶりに制作に携わった
ガンダムシリーズの長編アニメ作品ですが、
さすがにもう限界がきてるんじゃないだろうかと感じられました。

富野監督とヲタとのジェネレーションギャップは
15年前よりさらに広がった感じですね。

まぁ、それでもガンダムはガンダムなんで視聴はするけどね。






☆SHIROBAKO
アニメ業界を舞台にしたアニメで
1話はそのアニメが出来上がるまでの工程を
アニメ制作会社に就職した主人公の1人をとおして描いてました。

これを観て思うのは
アニメ製作者がこんだけ苦労して作ってんだから1話切りはやめろ
って、思う心と
糞作品は糞だといいきって、良作品にもっと光があたるようにすべきだ
って、思うかはヲタそれぞれだと思う。

まぁ、そんなこと気にせずのんびり楽しみたいけど。












☆牙狼〈GARO〉-炎の刻印-
連続特撮ドラマ、牙狼<GARO>シリーズの最新作
素直にお話の導入部にあたる1話は面白かったです。

ただ、それだけに戦闘シーンの違和感がはんぱなかった。
(OP、ED楽曲も違和感があったけど)
特撮ものが駄目な私みたいなヲタとしては
戦闘シーンも普通に作ってくれてたら・・・と思ってしまい
評価を下げざるえなかったのがもったいない。

逆に言えば、そこに違和感を感じなければお勧めできる作品です。









☆魔弾の王と戦姫(原作ライトノベル)
MF文庫Jレーベルの作品ってだけで切りそうになったが
1話を見た限りではライトノベル作品としては
しっかりとお話を作っていこうという意気込みは感じれた。

監督・脚本・構成 佐藤竜雄

アルジェボルンではなくモーパイにしてあげてください。






☆七つの大罪
日5枠だけにしっかりとお金はかけられるんですが
週刊少年マガジン連載中作品の中でもあまり目立った活躍はしてないかと。
内容としてはバトルものに分類される作品です。

前期のハイキューの出来がかなり良いため、
その高くなりすぎているハードルを超えるのは厳しいかと。






☆繰繰れ!コックリさん(月刊ガンガンJOKER 連載)
ギャグアニメです。
相変わらず、ガンガン連載ものは独自色が強いですね。

『妖狐×僕SS』みたいなノリが好きな方なら楽しめると思いますよ。
ただし、凜々蝶ちゃんはいない。繰り返す、凜々蝶ちゃんはいない。







☆旦那が何を言っているかわからない件(3分アニメ)
・ヲタクの旦那役 鈴村健一
・嫁役 田村ゆかり

これだけで3分くらいはあっさりもってしまうもんで
嫁の友人(中の人・釘宮さん)がくるんで3分アニメなら十分かな。






☆天体のメソッド
今期はFate、グリザイアが強いだけに
個人的にはエロゲ臭がただよいまくってる期だなと思うわけですが、
そこに加えて、また懐かしい名前を引っ張りだしてきましたね。

原案・脚本 久弥直樹

結局、この名前に反応できるかどうかです。
(エロゲ界のレジェンド枠である『Kanon』の企画・脚本を担当した人だよ)

展開はやはり「泣きゲー」になるんでしょうかね?









☆オオカミ少女と黒王子(別冊マーガレット 連載)
今期の少女アニメ枠。
そんだけでまずは3話まで頑張ってみる作品。
ヒロイン役に伊藤かな恵ちゃんでてるし、みかこしさんもいるし
まぁ、3話くらいは持つだろう。

後は、
ヒロインがうそつき狼少女、彼氏役がドSという設定とかの
少女マンガ特有の先の読めないというか理解できない展開やらで
興味を引いてくれればいいな。









☆TERRAFORMARS
地球の人口爆発にともない新たな居住地の確保から
火星のテラフォーミング化が企画されたが
その初手において投入したゴキブリが謎の進化で人間並みの大きさへ。
そんなゴキちゃんと火星テラフォーミングを推進する人間との争いを描く作品だそうだ。


このようなストーリー紹介を読めば
大半のヲタが地雷臭を感じてしまうんですが、
この作品、前期で猛威を振るった
『全国書店員が選んだおすすめコミック』ランキング作品なんですよね。

しかも2013年ランキングにおいて

1位 暗殺教室(松井優征)
2位 テラフォーマーズ(貴家悠・橘賢一)
3位 月刊少女野崎くん(椿いづみ)
4位 ハイキュー!!(古舘春一)

前期の2強抑えて2位なんだぜ。
まじでかって話ですが、事実だけに3話までは頑張ってみようと思う。





☆大図書館の羊飼い(原作エロゲ)
先月に『WHITE ALBUM2』をプレイしていた私には
メインヒロインがせっちゃん、ってだけで変な補正が入ってる。

8月の前作である、『穢翼のユースティア』からも何人かでてるそうで
さらにいろいろと補正が入ってきそうです。

が、ぶっちゃけ、エロゲは原作やりましょう。
『WHITE ALBUM2』やってなければ3話で切りそうですが・・・

小春ルートのせっちゃん(小木曽雪菜)は
小春が主人公を殴りたくなるくらい、いい子なのにね。







〜〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆暁のヨナ(花とゆめコミックス)
本当に運が無いとはこの事をいうのかな。
衝撃的な1話になるはずだったストーリーが・・・

クロスアンジュのインパクトが強すぎて
助けに来てくれた幼馴染がいるだけで不幸に見えない不思議。

今期はお姫様が不幸になる期ですか?




☆トリニティセブン
異世界魔法学園でハーレム。
↓の異能バトルとの違いは
こっちの方が声優陣に
松岡君(主人公)、くぎゅ、あやねると好きな声優がそろってる所かな。




☆異能バトルは日常系のなかで(原作ラノベ)
厨二病+ハーレム系アニメとラノベの基本を抑えつつ
本当に異能に目覚めることでお話を広げていくのもありでしょう。

問題は、主人公がハッタリだけで困難を乗り切るって設定は
さすがにもうおなかいっぱいなところです。






☆失われた未来を求めて(原作エロゲ)
記憶にないエロゲなんで調べてみたが、
やっぱりランキングにはのってないレベルの作品でした。

となると、素直にFateやグリザイヤに移行すべきかな。





☆デンキ街の本屋さん
タイトルから想像できるような本屋(とらのあな)が舞台のアニメ
そこで働く店員さん達のヲタクあるあるネタでお話が進むのか?はしらないが
さすがにそれだけだと3話が限界っす。






〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆ガールフレンド(仮)
課金ゲームのアニメ化は止めとけは
バハムートではなくこっちですね。



☆曇天に笑う
『月刊コミックアヴァルス』に連載されてた漫画です。
ググれば分かるとおりの乙女系作品です。

ただし、今一番勢いのある制作会社、動画工房が作ってますんで、
乙女系がOKな方なら楽しめる作品になるんじゃないかと。
まぁ、1話すら観てないんでなんともですけど。




☆オレん家のフロ事情(月刊コミックジーン連載)
5分アニメ。女性向けアニメ。



☆なりヒロwww
gdgd妖精枠。15分アニメ




☆ワールドトリガー
原作は腐っても、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の漫画だろ。
それをこんな低予算で紙芝居アニメにして何がしたいんですかと。
いくらなんでもアニメを馬鹿にする行為はどうなんだと。







〜〜〜今期の研究課題作品〜〜〜〜

☆愛・天地無用!
第1期のOVAが1992年、つまり22年前とか
さすがにここまで遡るのはどうなんでしょうかね。

最近の調査結果では「天地無用」の意味を
○「上下を逆にしないでください」
ではなく
×「上下を気にしなくてもよい」
と間違える方が30%を超えたという結果がでるくらいに
時代はながれてしまってるのです。


友人が大好きだったんで、借りた記憶はあるんだけどさ、
ここにがっつりいける世代ってアラフォー世代なんだけど
そんな世代に向けて5分×50話(月から金の帯放送)とか
金はあっても、時間がないのでつらいのです。だろ?

一般認知では前期からセーラームーンがレジェンド枠だけど
アニヲタ的にはここがレジェンド枠になるのです。

posted by 赤耳の猫 at 02:54| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そーですねぇ。彼女やらまんと、いざこざ
になった時の消去法は、まず、大体、夜、ミッドナイトに起きがちですが、そんな時は、
コンビニに二人で歩くとか、ひとりになるため
まあいわゆるパシリじゃないですけど、
またまたコンビニ、歩いて買いに行く
という法則があるようです。
行きはイライラしてても、帰ってくるとすっきり
して、当然またされた彼女か彼氏は、ぷんぷん
ものなので、好物をあたえれば、前のような
関係にもどるのでは。バイきゅ〜〜!!
Posted by ひさみ at 2014年11月20日 03:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック