2013年01月14日

2012年アニソンランキングをつくってみた




明けましておめでとうございます。
本年も昨年同様に、よろしくお願いいたします。


などと気楽に続けて書けないくらい、
2012年は現場に顔をださなかったため
たまに現場に行けば、ヲタ止めたんですかとよくたずねられますが


『やめれるようならヲタじゃない』


これに尽きるんで、相変わらずヲタをしております。


ですが、どうも私にはヲタの才能以上に、ひきこもりの才能があるみたいで
近々おこなわれる、全日本ひきこもり選手権への出場も・・・
などは全国の猛者に失礼すぎるので言えませんが、
県大会くらいには出場出来そうな悪寒がするのは気のせいであって欲しいものです。



「事件は現場でおきている」とはよく言ったもので
現場で感じる熱が1番好きな現場系ヲタとして
今年はかなり無理してでも現場の回数を増やしていけたらという目標をかかげつつ
遅くなりすぎましたが新年のご挨拶と代えさせて頂きます。




さて、新年の挨拶もこの辺にして
次は例年通り昨年のシングルランキングでも眺めてみます。


2012年 年間シングル売り上げランキング
***1位 : 182.0万枚 … AKB48 「真夏のSounds good !」
***2位 : 143.7万枚 … AKB48 「GIVE ME FIVE!」
***3位 : 130.3万枚 … AKB48 「ギンガムチェック」
***4位 : 121.5万枚 … AKB48 「UZA」
***5位 : 107.3万枚 … AKB48 「永遠プレッシャー」
***6位 : *64.9万枚 … 嵐 「ワイルド アット ハート」
***7位 : *62.0万枚 … 嵐 「Face Down」
***8位 : *59.3万枚 … SKE48 「片想いFinally」
***9位 : *58.8万枚 … SKE48 「キスだって左利き」
**10位 : *58.2万枚 … SKE48 「アイシテラブル!」
**11位 : *55.9万枚 … 嵐 「Your Eyes」
**12位 : *44.9万枚 … NMB48 「ナギイチ」
**13位 : *39.1万枚 … NMB48 「ヴァージニティー」
**14位 : *37.6万枚 … NMB48 「純情U-19」



相変わらずAKBは凄いなと言ったところですが、
アニヲタ、もとい、アニソンなるネタで今回はブログを書いてる者としては

昨年の第一期に続き、この1月から第二期がスタートした
『AKB0048』なるAKB48を題材とした作品があるんですが
その主題歌である「希望について」を
AKB48、SKE48、NMB48から「声優選抜」のメンバーユニットである
『NO NAME(ノーネーム)』が歌ってるんですが・・・あれ?

なんかね、聞いたところでは6万枚くらいしか売れてないとかで
(6万枚でも、ものすごく凄い事なんですけど)
ちょっと残念と思うわけですよ。

アニメ自体は、勢いだけのアニメではあるんですが、
その勢いがついてる時に使われる楽曲は、数多あるAKB楽曲から選べますんで
やりたい放題に熱くなれる曲を引っ張ってきてまして
AKBにほとんど触れてない、私のようなハロヲタ(アイドルヲタ)あたりが
一番楽しんでしまえる作りになってはいるんですが、
AKBガチヲタには評判わるいんですかね?


第二期1話(全体の14話)では
Aパートのしょっぱなから研究生チームに『初日』を歌わせたり、
Bパートでは「Pioneer」を歌わせてたりしてましたし
アイドルヲタ的には、いい歌うたってますね、で楽しんでたり
(ガチヲタには思い出がありすぎる楽曲を使われるのは嫌なのかも?)

アニヲタ的には
6代目柏木由紀(中の人:堀江由衣)にむかって
3型目渡辺麻友(中の人:田村ゆかり)が

『パイオツなんてただの飾りよ』なんて台詞をはかせてみたりで
(訳:みとめたくないものだな、羽川翼が最強だということは)

何気に声優アニメだったりしてるんすけどね。



このように、これからランキングを書いていくブログ主は
アイドルヲタとして、
「Pioneer」を観ては前田のあっちゃんかっこいいと思うし
アニヲタとして
堀江由衣と田村ゆかりのからみが少なすぎだぞ ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァン 
と怒りつつもアニメを楽しむような奴ですので
過剰な期待は禁物です。


それでも、
すでにアニメにどっぷりはまりこんでいる方だけでなく
アニメに興味を持つ努力をしている方にも
気長にお付き合いしていただければ幸いです。


〜〜〜過去2年はこんな感じです〜〜〜〜〜〜〜
*どちらも動画を張りすぎて重くなってますので注意して下さい*

☆2011年アニソンランキングをつくってみた
http://akaneko.seesaa.net/article/243701347.html

☆2010アニソンランキングをつくってみたでゲソ
http://akaneko.seesaa.net/article/174048486.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





そんではそろそろ始めていきましょう。



昨年までならランキング作品とともに
youtubeなりから動画を引っ張ってはっつけるのですが
平成24年10月から著作権法が変わりまして、
おいそれと動画をうpしていいものではなくなりましたんで
その点についてはご了承ください。








10位 Q&A リサイタル! / となりの怪物くん op
  

ここで、いきなり動画をうpするネタを勢いだけでやりたかったが、
いくら、
『ソニー株で大損こいたんでむしゃくしゃしてやった、今は反省している』
などと言っても、
ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のレーベルだけに
罰金刑は免れないですよね・・・。


そんなネタはさておき、この曲を歌う『戸松遥』さんの紹介として
15秒のCMくらいはあげたかったんですが、著作権の基準が曖昧だし
公式HPにリンクがなかったのでこれも自重するしかないのは悲しい。
そこんとこは製作サイドに緩和をもとめたい。

特に、戸松遥さんの場合
一般人に説明するとなると
あの花(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)が一番有名なので
『アナルの人』になってしまう・・・(ノ∀`) アチャー


そんな、安城鳴子〈あなる〉役で有名な戸松遥さんですが

2012年の主な出演作品
・ソードアート・オンライン(アスナ / 結城明日奈)
・モーレツ宇宙海賊(グリューエル・セレニティ)
・あの夏で待ってる(貴月イチカ)
・となりの怪物くん(水谷雫)
・To LOVEる -とらぶる- ダークネス(ララ・サタリン・デビルーク)
・夏色キセキ(花木優香)
・マギ(モルジアナ)

個人的にはグリューエルが大好物ではあるが、
アニメ界では2012年の代表作である
ソードアート・オンラインのヒロインであるアスナ役をもって
2012年のアニメ界の顔になりました。


楽曲的には、何故に?という声もあるでしょうが、
今一番勢いのある声優さんの勢いをそのままぶつけてきている曲なんで
一発目にもってきたかったのがランキング入りの理由でもあります。


話はそれますが、このラノ2013のヒロインランキングは
今回もビリビリ中学生がもっていって4連覇とは。
今年のアスナさんでも届かないとか強すぎだろ。
(男性ランキングはもちろんキリトさんなんですが)










9位 Dead END / 未来日記 op






*原盤使用許諾楽曲です*
*ニコニコ動画において原盤(CD音源)の使用が許諾された楽曲です*
*そんなわけで今回あげてる動画はニコ動からもってこれるもののみです*



どうも、私がこういったランキングを作ると
9位にくる楽曲は、当初10位を予定していたが
なんらかの事情で、注目の集めるOPの10位を譲ってしまうという
吹奏楽部業界用語でいうところの「ダメ金」と呼ばれるものになってしまいます。


前年の9位 カワルミライ(神様のメモ帳)は
その無表情さというか、アクの無さが際立っており
(そのため大抵のアニメMADで使用しても、
 違和感が仕事を放棄して、だいたいあってしまう汎用性は凄い)
強調点の無さが響きましたが、
今年はその逆で、アクが強すぎるためにこの順位となってしまいました。

とはいえ、アクが強すぎる楽曲はアクの強いアニメでMADをつくると
↑ごらんのありさまです。

だから非常に優れたMADができあがり・・・
だから・・ね・・著作権もいいけど宣伝効果が上回ると言うことで
平に平に御容赦を願います。
皆さんもステマでもなんでもかまいませんので
『BLACK LAGOON』と『dead end』を宣伝しといてね。
(『BLACK LAGOON』は2013年春までに連載再開されることが発表された)


毎度の事ながら、英語歌詞曲はとりあえずブラクラでMADですが
毎度の事ながら、違和感が仕事をしない・・・

って、感じてしまうのは私が無学な証拠なんですけど (ノ∀`) アチャー


皆さんは放送時に気づきましたか?
この曲の歌詞、おもいっきりネタバレかましてるんすよね。
興味のある方はググるなり、エキサイト先生に登場願え。










8位 The Everlasting Guilty Crown / ギルティクラウン op


アニソンランキングを作り出して今回で3回目になるわけですが
私がランキングを作ると
楽曲使用されたアニメ自体の出来に引っ張られて
アニソン自体の良し悪しだけでランキングを作るのは無理です。

そんなわけで、今回も
『アニソンって本編のストーリーにはまった時に最高に感じる』
という感じでランキングができあがっております。


そんな前提があるわけですが、何事にも例外ってのはあるもので
この『The Everlasting Guilty Crown』はやはり外せなかったです。

「ギルティクラウン」というアニメを一言でいってしまうなら、
劇場で流れる2分ほどの予告編が一番おもしろい大作ハリウッド映画かな。

何もしらない方が「ギルティクラウン」のOPを観れば
面白そうという感想を抱くだけの作画を誇っています。
(Production I.Gの本気が観れます)

ですが、どうしてこうなった・・・残念でなりません。
アニメのお話さえ面白ければ年をまたいだ2クール作品だけに
2年連続でランキング入りさせてましたよ。

なにせ、前期後期OPEDの計4曲とも
「君の知らない物語」で有名なsupercellのryoさんが作ってますんで
どれをオススメしてもいい楽曲になっております。

オープニングテーマ
「My Dearest」
「The Everlasting Guilty Crown」

エンディングテーマ
「Departures 〜あなたにおくるアイの歌〜」
「告白」



この他にも、
アニメを観ていればランキング入りしたかもという楽曲として
この2曲は抑えておいてください。

・ねぇ / 緋色の欠片
・割れたリンゴ / 新世界より

そしてさらに、脚本を書いた日野晃博が
批判するなら全話観ろとつぶやいていたので、
全話観た視聴者という事で書かせてもらいますが
テン、中、終い、どこをとっても『糞』だったと言い切れる、
『機動戦士ガンダムAGE』の使用楽曲もよかったですと書いておきたいが
ガンダム史最大の汚点としての地位が確定的に明らかなため
使用された楽曲の詳細はアーティストの名誉のために省くことを


強いられているんだ! (´・ω・`)ショボーン










7位 君が夢を連れてきた / さくら荘のペットな彼女 op


去年一番かわいそうだった作品といえば
この「さくら荘のペットな彼女」になるでしょう。

がっかり過ぎるんで詳細は省くが
ストーリーとまったく関係の無い部分で炎上が起こり
原作にまで取り返しのつかない悪影響をあたえてしまいました。
監督、プロデューサーは作者に土下座してあやまってこい
とだけは、この作品を楽しんだ者として書かせてもらう。
責任とらずに、逃げるとか屑すぎるだろ。



さて、そんな残念なことになってはいますが
作品そのものはラノベらしいラノベ作品ですが
佳作くらいはあたえてもいい内容です。
要介護系ヒロインはすさまじい。
(個人的には青山ちゃんがんばってですが・・・)

また、この作品で使われている

OP 君が夢を連れてきた
ED  DAYS of DASH

どちらを選ぶかは好みの問題でしたが、最終的には

アニメでは1番の歌詞しか使われませんが、
1番の歌詞である、1回目、2回目、3回目と対になる
2番の歌詞にある、4回目、5回目、6回目の部分の面白さと
ヒロイン3人(茅野愛衣、中津真莉子、高森奈津美)で歌ってる事もあり
OPである「君が夢を連れてきた」をランキング入りさせました。


まぁ、どちらを選ぶにしても作詞は「畑亜貴」さんなんで
相変わらず手のひらで踊らされてるなって感じですね。






6位 Sparkling Daydream / 中二病でも恋がしたい op






(注:この動画を見る時は部屋を明るくして、画面からはなれた位置でお楽しみください)



(σ回ω・)σ←上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2
(σ回ω・)σ←上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2



年末年始にかけて
アニソンランキングと近い位置にある、
言うなれば、CDシングルのMVランキングにあたる
『2012年TVアニメOP・ED10選』なるお題が
アニメ系ブログで盛り上がりましたが、既にチェックはおすみでしょうか?

私はただいま書いてるアニソンランキングを作るのに必死で参加できてませんが
『2012年TVアニメOP・ED10選』でネタを書くなら
やはり、この中二病でも恋がしたいのOPが1位になります。
去年の「日常」(EDの翼をくださいなど)に続いてさすが京アニですね。
いいOP、EDをつくりますわ。


1位の理由は見てもらえればわかるんで、↑にあげときましたが・・・
楽曲はセーフでも映像がアウトになることが多いので消されるかもです。

去年の「ふっきれたシリーズ」に続く「中二病シリーズ」が
この年末に続々と投稿されているだけに原点はしっておいて欲しいので
OPをあげることにしました。

ただ、このOPは注意書きでわかるように
当初はピカチュウ事件を再現する可能性がある危険使用だったため
2、3話目?で若干の差し替えがおこなわれています。


(σ回ω・)σ←上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2
(σ回ω・)σ←上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2右矢印2下矢印2左矢印2上矢印2



ちなみに、「中二病でも恋がしたい」は
「けいおん」でお馴染みの京アニ製作なんですが
2012年は中二病以外に、「氷菓」という作品もつくられています。


・優しさの理由 / 氷菓 前半クールop


楽曲の質、OP映像の出来は互角と言っていいレベルで
ここも、どちらをランキングいりさせようかまよいました。
『2012年TVアニメOP・ED10選』の上位に選んでいる作品ですので
レンタルするなり、再放送される時などにチェックしてみてください。



そして、そして、
「中二病」、「氷菓」という金賞常連校が強さをみせるなか
まさに「ダメ金」にふさわしい作品が
誰も期待していないおっぱい枠といわれるアニメから (ノ∀`)


・STUDY×STUDY / ハイスクールD×D ED



なぜ作画担当はここまで全力を尽くしてしまったのか?
数秒足らずではあるが、ポールダンス部分の作画のぬるぬる感はマジパナイ

( ゚д゚) エロは偉大だな (゚д゚ )

TVアニメ2期製作も決定しただけに2期のED映像も期待したいものである。
肝心のアニメの方も、GS美神(絶チルのスピンオフが今期放送だよ)のノリが
好きな方にオススメしたい作品です。










5位 Cry out / ココロコネクト


第6位ではアニメのOP・EDについて触れましたが、
OPやEDが良いからといって、
アニメ自体が面白いかは別の話になるのですが、
皆さんの面白いアニメの基準には何がありますか?

私の場合は
そんなの色々ありすぎて上手く書けないのですが、
アメリカ映画の祭典でしられるアカデミー賞をみればわかるように
作品賞だけでなく、監督賞、主演男優・女優賞、助演男優・女優賞
美術賞、映像賞、脚本・脚色賞、作曲賞、衣装デザイン賞などなど
いろんな基準があるからこそ、
『2012年TVアニメOP・ED10選』
『2012年アニソンランキング』
『2012年アニメランキング』
などと、いろんな視点の書き方ができたりするわけです。


という、前置きも終ったので、
この「ココロコネクト」についてのお話をすると、
2012年の個人的脚本・脚色賞受賞作にあたるという話です。


第1章にあたる『ヒトランダム』
・人格入れ替わり 起こる人物、場所、時間すべてランダム

第2章『キズランダム』 
・欲望解放 強い欲望が生まれたとき欲望のままに行動してしまう

第3章『カコランダム』
・時間退行  仲間の誰かがランダムで幼くなる

第4章『ミチランダム』
・感情伝導  感情が他の人に伝わる。何人に伝わるかはランダム。


そろぞれのネタ1つなら弱いし、
だからと言って、ネタを4つ並べたからどうなるわけでもなく
評価には値しないのですが、
この「ココロコネクト」という作品は
上記4つのネタを登場人物達のトラウマで繋げたことにより
作品として、痛みを伴うも、だからこそ、
その続き(解決編)が気になるという
うまくできた作りになってます。

そんな続きが気になってしかたない中
次回予告をED冒頭のイントロで流していたので
EDでつかわれていた楽曲はどれも印象に残っています。


エンディングテーマ
・ココロノカラ (ヒトランダム〈第1話 - 第5話〉)
・Cry out    (キズランダム〈第6話 - 第10話〉)
・Salvage    (カコランダム〈第11話 - 第13話〉)
・I scream Chocolatl(ミチランダム〈第14話 - 第17話〉)


そして、この4曲で選ぶならは「Cry out」になりました。
次回予告で使われたイントロの導入部、
登場人物の一人である稲葉姫子の心情をあらわした歌詞がとても良い。


※残念ながら、この作品も
作品とまったく関係の無い部分での炎上が起きたせいで
(イベントでの不祥事による炎上)
評価が不当になっているのが残念です。
これで2期目がおじゃんになったら悲しすぎるぞ。

たしかに、作画はやばかった所がちょくちょくあり
そこを叩くならわかるんですけどね。










4位 Dreamer / TARI TARI OP







今回も俺得枠の時間がやってまいりました。

2011年4月2日に「UR@N」から「AiRI」へと名義を変更して活動を再開し
『境界線上のホライゾン』で使用された3rdシングル「Pieces」は
当然ながら前回2011俺的ランキング入り(6位)したわけですが、

2012年も『TARI TARI』という良作アニメに出会えたこと
そして、そのチャンスをしっかりいかした楽曲「Dreamer」

特に、私のような『キラ☆キラ』で
第二文芸部のメンバーとして「UR@N」に出会ったヲタとしては
極上の青春ソングを良作の青春アニメで使われたら
最強にクソッタレナ組み合わせで
ランキング入りさせるしかないじゃないか、ファック。
(もう5年も経つのね、このファックネタも・・・わかるかな?)


『キラ☆キラ』と組み合わせたMADはよ マダァ-? (・ω・` )っ/凵⌒☆チンチン



そんでもって、書いておかなければならないのは
『TARI TARI』の製作P.A.WORKSつながりとして
今春に映画化される「花咲くいろは」に楽曲提供していた
2011年に「AiRI」さんとアニソン界の新人賞を争った
「nano.RIPE」さん達の2012年の活動として↓なんてのがありました。


リアルワールド / 人類は衰退しました op




「AiRI」「nano.RIPE」の2組は今年も
アニソン界に無くてはならない存在になっていってくれる事を期待しています。








さてさて、今回も皆様の期待を良い意味で
裏切れたランキングを作れていたらいいのですが、
単に裏切ってるだけのランキングだとお感じのヲタさん達の
「そんなランキングで大丈夫か?」の問いに
「まだ3曲残ってるんで大丈夫だ」と返せるように、
いったん、この曲聴いて頭をリセットしましょうや。


・太陽曰く燃えよカオス / 這いよれ!ニャル子さん 








(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! 

Let's\(・ω・)/にゃー!


2012年ネット流行語銀賞だった

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

とい、名状しがたいAAのネタもとです。


考えるな、感じろ。の精神であと3曲お付き合い願います。














3位  白金ディスコ / 偽物語  op



原作:西尾維新
アニメーション制作:シャフト
でお馴染みの<化物語シリーズ>では
各話ヒロインのオープニングテーマ曲を神前暁さんが作曲してるわけですが
(ちなみに「君の知らない物語」はエンディング曲です)
『化物語』に続くTVアニメ第2期にあたる『傷物語』でも
すばらしい楽曲を披露してくれています。


ぶっちゃけ個人的には
「恋愛サーキュレーション」の衝撃再びってことで
冬クールの時点で2012年の1位楽曲はこれと決まっていたんですよ。

ですが、本放送で白金ディスコが使われてから数週間どころか、
数日で「怪異の仕業」である↓のようなMAD作品が登場してしまうと・・・








原曲が物足りなくてww  

(人´∀`) あっそーれ! あーよいしょ!  (´∀`人)


*くれぐれも安易な気持ちでリンク先に飛ばないでください*










2位 透明な夜空〜瞬く星に包まれて〜 / モーレツ宇宙海賊








さあ、海賊の時間だ!!



2010年のイカ娘の侵略行為に対しては徹底交戦の末
ランキングの死守をすることができましたが、
今回あっさり無血開城を決め込んだのは
ひとえにモーレツ宇宙海賊のヒロインである加藤茉莉香が
今年の主演女優賞だったからです。


ってことで、ここでは2012年のヒロインのお話でもしましょうか。



・アスナ(ソードアート・オンライン)
・小鳥遊六花(中二病でも恋がしたい!)
・千反田える(氷菓)
・黒雪姫(アクセル・ワールド)
・わたしちゃん(人類は衰退しました)
・キュアピース(スマイルプリキュア)

世間的にはこの6人くらいの候補から
最終的にアスナさんが受賞という形で決着がつくんじゃないかと思います。


ですが、私の場合

・加藤茉莉香(モーレツ宇宙海賊)
・わたしちゃん(人類は衰退しました)
・稲葉姫子(コロコネクト)
・蕪羅亭魔梨威(じょしらく)
・夏目あさ子 (となりの怪物くん)

こんな感じの候補から、加藤茉莉香が
年頭から他の追随をゆるさずぶっちぎった感じです。

というわけで、モーレツ宇宙海賊でつかわれた楽曲も
白金ディスコ同様に早い段階でランキング入りを確定させていました。



ちなみにですね、
このモーレツ宇宙海賊のOPで使われていたのが

「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 / ももいろクローバーZ

だったんですが・・・

アイドルヲタとしては、ももクロさんは
全力全開のライブパフォーマンスは大好きなんですが・・・
(紅白の演出は熱かったですね)

ももクロ楽曲としてはありですが、
モーレツ宇宙海賊のOPとしては無しだったんで・・・
アニメにあってると感じれなかった orz

これを、大抵のアニメなら前・後半で曲が変わるんですが
モーパイは2クール全部、「猛烈宇宙交響曲」だったんで
私のソウルジェムは毎週濁り続けてしまったわけです。


ですから、アニメに楽曲を提供するなら
桃黒亭一門名義でだした↓レベルでお願いいたします。

ほんまに、ほんま、たのんますよ、まじで、ガチやで。
モーパイの欠点はOP曲だけだったなんて言わせないでくださいね。


・ニッポン笑顔百景 / じょしらく












1位 約束の空へ〜私のいた場所〜 / ストライクウィッチーズ劇場版








やっぱり、魔法少女は最高だぜ  (`・ω・´)シャキーン




2012年というよりは、2012年度といった方がいいのですが
今年度は本当に大作と呼ばれるアニメの劇場版が続々と公開されていますし
秋から春にかけては毎月のように話題作がならんでいます。

この年末はヱヴァQやワンピースがにぎわってましたが、、
年が明けてもハンター×ハンター、とある魔術、そして
3月30日にはドラゴンボールZなんていう伝説級の怪物が控えています。


そんな、ただでさえ激戦なのに、
2012年は現代の魔法少女モノの2大巨頭である

・魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
・劇場版 魔法少女まどかマギカ

サッカーで言うなら、
レアルvsバルサのエル・クラシコとも言うべき
ぶつかり合いがあったわけですよ。


そうなれば主題歌も

リリカルなのは
・BRIGHT STREAM / 水樹奈々

まどかマギカ
前編:ルミナス / ClariS
後編:ひかりふる / Kalafina


2012年のアニソンランキングをつくる上で
前提とする部分に
テレビアニメのみにするか、劇場版を含めるかで
大きくランキングが入れ替わるような
頂上対決と呼ぶべきバトルを繰り広げていました。



改めて2012年は
やっぱり、魔法少女は最高だぜ  (`・ω・´)シャキーン
という、1年だったのです。



って言うように、別の世界線にいる私は
ランキングを綺麗に締めてしまっているかもしれません。



ですが、私の中にいる中ニ病の私が言うわけですよ
本当にそれでいいのかって、ささやくんですよ。


この両作品はどちらもTVシリーズの再編集版でしょ?

「ETERNAL BLAZE」を超えたのかい?

「Magia」のように鳥肌はたったのかい?




始まりは

「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」

それなんて1話切りフラグからTVシリーズがスタートし

誰もがまさかと驚いた2期決定w

それでも軸足がぶれることなく

「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」

で2期完走、か〜ら〜の映画化ww

やっぱりそれでも軸足がぶれることなく

「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」

なんて宣伝するから

初めてエロ本をレジに持っていくよりも

プリキュア劇場版へ単独潜入を試みるよりも

ハードルがあがった劇場鑑賞を成し遂げたすえの奇跡


やっぱり、魔法少女は最高だぜ  (`・ω・´)シャキーン








<まとめ>
1位 約束の空へ〜私のいた場所〜 / ストライクウィッチーズ劇場版
2位 透明な夜空〜瞬く星に包まれて〜 / モーレツ宇宙海賊
3位 白金ディスコ / 偽物語
4位 Dreamer / TARI TARI
5位 Cry out / ココロコネクト
6位 Sparkling Daydream / 中二病でも恋がしたい
7位 君が夢を連れてきた / さくら荘のペットな彼女
8位 The Everlasting Guilty Crown / ギルティクラウン
9位 Dead END / 未来日記
10位 Q&A リサイタル! / となりの怪物くん




2012年も数多くのTVアニメ作品がありましたが、
それを並べるなら私の中ではこうなります。

1位 モーレツ宇宙海賊
2位 Fate/Zero
3位 ちはやふる
4位 ココロコネクト
5位 宇宙兄弟(暫定)
6位 人類は衰退しました
7位 TARI TARI

こんな感じの作品ランキングを
劇場版があらしにきたというのが2012年でした。


今回で3回目のランキング作りでしたが
過去2回より大幅に投稿時期がずれ込んだことでも
わかっていただけるように、
手を広げれば広げるほど本当に悩みまくってしまったわけです。

ランキング入りした曲の所に書いてある対になる楽曲を含めて
ガチで並べたらと思うと・・・桜の季節にまにあうか・・・
ってことになるので過去2回以上に
重ねて重ねてして無理やり並べてしまいました。

また、アニソンとして扱っていいのか悩ましい良曲である
・テテ / 宇宙兄弟
・坂道のメロディ / 坂道のアポロン
このあたりの曲とかどないしたもんかとかね。



こんな感じで悩みまくっていたので
追い出し曲なんてまったく考えていなかったんで
現在、頭を悩ましている。どうしよう。


空にむかって手を伸ばすイメージの歌詞が
1位の曲とあまりにも被りすぎてしまったので
ランキングから外したこの楽曲でどないでしょうか?


Overfly / ソードアート・オンライン






この曲が使われたフェアリィ・ダンス編には
魔法が出てきましたし、空を飛ぶという行為が売りだったりしましたし
1位にあげた『約束の空へ〜私のいた場所〜』を使って
なのは、SAO、ストパンを使った(複合)MADを作ってくれたら
それはとっても嬉しいかなって所で終わりにさせていただきます。






ps
今回は著作権の関係もあって
気軽にランキング入りした楽曲をつかったMAD作品を
紹介できなかったのが心残りです。
1年後には法律の方向性がみえてくるのでしょうから
来年はもう少し気楽に動画を使いたいもんです。

そんでは例年通り最後は昨年ニコ動で一番気に入った作品を紹介しときます。





素人がこんなレベルの作品を作れる時代になってます。
著作権と宣伝効果の折り合いはどこでつくんでしょうか?
Win-Winの模索はまだまだ続きそうですが
少しでも良いおとし所がみつかりますように。
ラベル:アニソン アニメ
posted by 赤耳の猫 at 07:36| Comment(1) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリスチャンルブタン 店舗
Posted by クリスチャンルブタン facebook at 2013年07月17日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日常→氷菓→中二→たまこと4連続で滑ってるけど京アニどうしちゃったの・・・?
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/01/18(金) 17:21:21.05 ID:U6bwTOV10 ?PLT(12072) ポイント特典「たまこまーけっと」は、うさぎ山..
Weblog: 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2013-01-18 21:00