2006年05月19日

「DEATH NOTE トリビュート(仮)」にあややが参加

6月21日(水)発売予定
原作コミック「デスノート」ファンのアーティストが楽曲を提供したトリビュートアルバムが登場。
☆参加アーティスト
MCU、m−flo、キリト、KREBA、スガシカオ、BUCK−TICK、PE’Z、
松浦亜弥、矢井田瞳 他。
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3126192/s

〜〜〜〜
あややの口からデスノートなんて出たことあったけ?っと
多くのハロヲタが突っ込んだんですが、
実際にあややはデスノートを好きなのか?(読んだことあるのかな?)
その辺の詳しいことはあやヲタさんにまかせます。

さて、パッと見た感じでは
参加アーティストの中であややだけ浮いてる感じはしますが
こういった企画物には参加するのは
スケバン刑事に出演するよりもあややにとってはプラスになるでしょう。
というのも、今年の春紺を観たかぎり、
現在のあややにとってはハロー色を消しにかかった方がプラスになると思いますので
収録される楽曲もできればつんくP以外の人に・・・
今後のことを考えても
あややにはここでヤイコかm−floあたりに喰いつけと指示をだしたいよ。


ps
この「DEATH NOTE」という作品
今更説明は不要と思うのは私が漫画好きなだけなのだろうか?
いつものように適当に説明しとくと
〜〜〜〜〜〜
先日最終回を迎えた週間少年ジャンプで連載されていた大人気漫画で
映画化も決定し前後半の2本立てで公開予定(今夏・冬)となっている。
ストーリーは
名前を書き込むだけで、名前を書かれた者が死ぬという「デスノート」
ある死神が退屈しのぎに人間界に落とすした「デスノート」を
主人公である青年が拾ったところから物語が始まる。
〜〜〜〜〜
私の説明だけ読むと死神って・・・で終わりますが
この作品は週間少年ジャンプよりも
週刊ヤングジャンプを購入する年齢層が読むものだと思います。

というのもこの作品の面白さは心理戦にあります。
そのため、大の大人が読んでも十分楽しめるますし、
小説として出ていたらとも思います。
ただ、こういった心理戦作品の映画化は大抵が失敗してるので
映画なんて観なくていいのでまずは原作の漫画を読みましょうと言っておきます。
(どういった具合の心理戦なのかはネタバレになるので書きませんが
 第一巻を読めばだいたいの流れはわかります)


個人的には物語の風呂敷を広げてる前半はかなりはまりました。
ただ、人気が出すぎたことで
当初の予定よりも連載期間を延ばした?ことによる質の低下が残念かな。
L編だけで終わってくれた方がよかったかなと・・・。
posted by 赤耳の猫 at 15:42| Comment(2) | TrackBack(1) | あやや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しく拝見させて頂いております。

>『DEATH NOTE』
某日曜深夜のラジオ番組で紹介されて知ったという
新作漫画を全然読んでない私でも読みたいなぁと
思った漫画です。
時代遅れになってもいいから全巻揃えて読もうと
思ってます。

トリビュートアルバムはおもしろそうですね。
特に松浦さんが参加するのが変におもしろいです。
全編英語詞とかの凄い楽曲だったりしたらもっと
おもしろいのですが・・・。

>あややにはここでヤイコかm−floあたりに喰いつけと指示をだしたいよ。

個人的には、PE’Zに。
PE’Zのヒイズミマサユ機氏は、東京事変の第1期
メンH是都Mとして超絶ピアノを楽しませてくれた
人ですので。
東京事変の『群青日和』を作曲者ですし。

でも、最も引っかかったのが、
>あやヲタさんにまかせます。
という所なのは私が現場を離れて久しいからなんでしょうか?(笑)
Posted by take at 2006年05月25日 00:14
>takeさん
かなりご無沙汰してますがお元気なんでしょうか?

>某日曜深夜のラジオ番組で紹介されて
あのコーナーで紹介される作品は当たり外れがありますが
この『DEATH NOTE』は当り作品ですよ。
出演者がいってた文字数の多さ・心理戦でのやり取りなど
ジャンプ年齢層では厳しいんじゃないかという意見にも同感でしたし。
その分、大人でも楽しめるんで暇なときにでも読んでみてください。

>あやヲタさんにまかせます。
これについては
最近、自称あやヲタの方が増えてきてるので
そやつらが本物かどうかを試しただけですよ・・・たぶんww
Posted by 赤耳の猫 at 2006年05月25日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「DEATH NOTE トリビュート」に松浦亜弥参加
Excerpt: こんばんは。 6月21日(水)発売「DEATH NOTE トリビュート」に松浦亜
Weblog: ありえすの亜弥紺亜弥加護日記
Tracked: 2006-05-19 23:32