2006年05月07日

ちょっとHPP06にいってくる

自分に1つ嘘をついた
あいぼんがいなくても楽しめるって嘘をついた
ところが嘘は本当になった
まだ 楽しめるって思ってた

あの日からこうやって今日まできた

あこがれていた最前列
糞席限定ヲタ芸祭
ごまきが主役の夢をみて
泣かないうちにあきらめたさ

本当にあきらめたの?
そりゃ無理だよね? そりゃそうさ

それがまさにヲタをしている理由
何かを賭けて手にするもの
傷つきながら しがみついて離せない それだけのモノ
現場がごまヲタのいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
1つの嘘にさえすがる僕に 捧げよう誓いの歌「バトルクライ」


スタートから暴走してやろう
背面ロマンスもしてやろう
最後までみごとに打ちつづけてやろう
ごまヲタを思い知らせてやろう

本当はつよがってんだ
つよがって また嘘ついて

それが僕のわずかな力 ただのつよがり 
そう 嘘さえも
願いをこめれば誇れるだろ
のの(のぞみ)も勇気をくれるだろ
現場がごまヲタのいるべき戦場 覚悟の価値を決める場所
1つの嘘にさえすがる僕の そのうそが誓いにかわる


戦場に赴く戦士に誓いのうたを
DDでも 元モーヲタでもなく ごまヲタとしての誇りを


(注:原曲であるバトルクライ(BUMP OF CHICKEN)はとてもいい曲です)


〜〜〜〜〜
あれだけ回避すると言っていて
先週の時点でもチケットは1枚ももってなかったのですが
やはり回避はできそうにないみたいです
気が付けば神戸公演のチケットが手元にある。

昼・夜あわせて夏目さん1枚で手に入るのは
私のHNに猫が入ってるからなのか・・・?

セットリストもしってます
おそらく泣くことになるのもわかってます
それでも参加しなくてはならないのでしょう

だって

ごまヲタの戦場はいつだって現場なのだから
たとえそれがのぞまない戦いであっても
ごまヲタとしての誇りが戦場に足を向ける


ps
予想通り公演初日に暴走しまくって
他メン推しの方達から怒られたごまヲタ達

何事も1度失敗しないと反省しない
ってか空気を読めないごまヲタ達ではありますが

そんな愛すべき馬鹿達がいるから
僕は戦場に赴く勇気を手にできるのでしょう
posted by 赤耳の猫 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ごっちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック