2006年04月20日

涼宮ハルヒはベリヲタだった

どこから話しはじめるか悩むところではあるんですが
やっぱり、「涼宮ハルヒ」って誰?って所からスタートしないと
ついてこれない子が多いんでしょうかね?


という訳で涼宮ハルヒの説明を簡単にすると
高校入学直後の自己紹介で
「ただの人間には興味ありません。
 この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、
 あたしのところに来なさい。以上」 って言い放ったおんにゃの子。
以上、説明おわ・・・り ⊂彡☆))Д´)フギャ!!
ではだめだと思うんで、もう少し詳しく書くと
シリーズ累計130万部を売り上げるライトノベル界の人気作品で
今春からTVアニメ化され放送されている。
『涼宮ハルヒの憂鬱』http://www.haruhi.tv/fanclub/index.html


そんな作品ではあるんですが
私のライトノベル作品の評価基準である
作者の壊れ具合であったり、暴走どあいであったりするものが
この作品にはいまいちないので・・・
小説としては乗り切れないってか、妄想をかきたてないというか、
作者との相性があまりよくない作品ではあります。
そんなわけで、ほったらかしていたんですが
ライノベ好きのヲタ友さんが激しく熱狂してるので
昨日放送された3話を初めて観たわけですよ。


アニメの出来としては
慢性的にネタ不足のアニメ業界が
最近よくライトノベル作品をアニメ化しては原作ファンに叩かれる
作画の質の低さがない所には安心しました。
また、ストーリーのテンポも私にはあってたので小説より楽しめそうです。
そんでもって、私が勝手に思い込んでいるこの作品の人気の理由である
いとうのいぢの描いたキャラが動くわけで人気は出て当然なんでしょう。
今後このノリが続いてくれれば観つづけるのですが
原作通り進むとまず無理なのでアニメオリジナルで暴走して欲しいかな。

てな感じでこの作品の感想は終わり、このブログにも書かなかったんですが、
ヲタ友さんがEDが面白いというから最後まで放送を観たわけですよ。

そしたらですよ・・・
ここで私がただのアニヲタであったりライノベヲタなら
EDで披露されている登場人物のダンスにヽ(´Д`)ノかもしれません。

でもね、でもね
私はこのブログを読めばわかるようにハロヲタなんですよね。
そういった人間がこのEDをみたら・・・・Σ(゚Д゚;)

でねでね
さらに言うなら私はベリヲタだったりするわけで
そういった人間(特にオドリスト)がこのEDをみたらね・・・

デレシンキタ━━┌(_Д_┌ )┐━━━━!!!!!

まさかこんなところにまでベリの影響がでてるなんて (ノ∀`)
そんなわけでハロヲタさんはこのEDを1回はチェックしとくださいな。


ちなみに、アニヲタさんに説明しとくと
このEDで披露されている登場人物のダンスは
Berryz工房の
「21時までのシンデレラ」(通称:デレシン)の振りをベースに
「ギャグ100回分愛してください」(通称:のにゅ)の振りを加え
「スッペシャル ジェネレ〜ション」(通称:スペジェネ)と
「なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?」(通称:なん恋)の振りを
隠し味程度に組合わせたものになっております。

ps
現在、ネットでこのダンスが話題になってるんですが
ぱくりとか、インスパイヤとかはどうでもいいので
ネタ元だけはちゃんと書いてて欲しいなと思うベリヲタでありました。
posted by 赤耳の猫 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

話題の「涼宮ハルヒの憂鬱」ED Berryz工房の振りパクり疑惑
Excerpt: なんか巷で話題になってる「涼宮ハルヒの憂鬱」のED映像がネットに流れてるという事で目にする機会があったのですが、コレどうみてもギャグ100の振りのパクりじゃね?コレの後半も。
Weblog: MoA Room DIARY
Tracked: 2006-05-11 19:25