2017年02月06日

今期(2017年冬・01-03月)アニメの取捨選択




早いもので今年も1ヶ月が終わってしまってる。


あれ?俺、この一ヶ月何してたんやろと思いつつも

新年会で酒飲んで、

センター試験の国語でおっぱいおっぱいして

灘中の入試数学問題を全力で解いてみるも、と、解けないw

と、いつも通りの在宅警備をしつつも

ヲタ友さんの結婚式ではすごく楽しい時間をすごさせてもらったりで

なんだかんだでいろいろあったひと月でした。


プリキュアも新シーズンが始まってしまってるだけに

そろそろ今期の話を書かないと

気がついたら春期に突入しちゃってる。
という、いつものパターンになる前に駆け込みで書きあげてます。

まぁ、今期アニメは優秀な作品多いので見逃しはないと思いますけどね。




〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜

☆ハイキュー!!
-烏野高校 VS 白鳥沢学園高校- (第3期)

1期10話まるまる一試合に使うという贅沢すぎる時間を使えるのも
3期ということでのご褒美だったんではないでしょうか。

1話1話を丁寧に書いてくれているので凄く観やすかったですね。

それだけに、
放送中に監督役の田中一成さんの訃報があったのが残念ですが、

田中一成(第1期 - 第3期8話)→江川央生(第3期9話 - )

田中さんの最後の台詞になった8話のラストシーンは
自然と涙が頬を伝ったものです。
2016の名シーンの1つです。






☆響け!ユーフォニアム 第2期
安定の京アニここにありでした。
1期で消化不良になっていた部分(先輩の行動理由)とかを
しっかりと消化してくれてましたし。

もっとドロドロするのかと思っていましたが
そういうこともなく適度に緊張感を保ったまま
最後まで走りきってくれたのには拍手です。
演奏シーンは1期以上に圧巻の出来でした。





☆ユーリ!!! on ICE
男子フィギュアを題材にしちゃったんで
腐海に飲まれてしまってますが、
よく出来たフィギュアスケートシーンは凄いですよ。

ノイタミア系作品以上にノイタミナ系アニメでしたんで
ノイタミナ作品が好きならおすすめですよ。


ちなみにノイタミナ枠で放送されていた『舟を編む』も
個人的には好きなんですけどね。




あと、この3つにつけたすなら

☆ドリフターズ
原作たまってないそうですが2期をやるなら観てみたい作品ですね。



〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜


まほプリ49話(実質最終回)のお話は
よく出来た最終回だなと思いつつも、

お話的には、「概念まどか」というべき
まどマギED要素が入っていたりしてまして、
今の幼女はアニヲタとして英才教育を受けているんで、

この世代は「君の名は」をみても、
序盤の入れ替わり展開を理解できないということはなくなると思うと
凄い時代になったもんです。



そんでもって、オルフェンズでは

「ぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁ」



既存組が頑張る中、
今期新規組もいい作品がそろっていますんで
寒い日が続く冬を引きこもるには良い期になりそうです。






<前期からの継続作品について>

☆3月のライオン
味のあるキャラぞろいなんで
回が進むにつれてお話も自然に面白くなる感じでしょうか。

今後はますます加速していきそうなんで
じっくりと楽しみたい。




☆機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
どこに落としどころをもっていくのか見えませんが
楽しめるんで気にせずに観てます。




<2期目などの作品について>

☆昭和元禄落語心中〜助六再び篇〜
声優の本気が観れる作品です。
落語シーンはあいかわらず声優さんの勉強量に驚かされます。



☆この素晴らしい世界に祝福を!2
こちらは逆に、能天気さをどこまで出せるかが鍵ですが
駄女神、爆裂魔法使い、へっぽこ壁役といいキャストがそろってます。



〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜

☆青の祓魔師 京都不浄王篇
お金はかけてくれてますので、あとはあうかあわないかでしょう。



☆テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 2期
ゲームでやりたかったんだよね。みかこしファンとしては


☆Rewrite 2ndシーズン
鍵作品とはいえ、今回のアニメの作り方だと
原作やらないと感動もくそもないだろうな・・・。


☆弱虫ペダル NEW GENERATION
安定銘柄ではあります。
ただ、話題にのぼらないのは
腐海に飲み込んだオームの群れがさった後だからか?





<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・




☆幼女戦記
1話で切らないで2話を観てください。
そこで、なぜこの幼女がチート持ちなのかがわかります。

というか、ぶっちゃけ、転生ものです。

面白い作品ですが、今のところ唯一気になったのが
1,2話の順番というか主人公の転生部分の描写順番くらいかな。

そこさえ乗り越えればどっぷり楽しめる作品です。

前期にやってた、終末のイゼッタと世界設定がにていることや
声優にはやみんが出演してることもあり
イゼッタ2期とも言われてたのが懐かしい。





☆亜人ちゃんは語りたい 
日常系作品です。
最近のはやりといいますが、私個人が好きな部分である
変化球要素を含む非日常日常系アニメと言えばいいのでしょうか?

この系統で言うなら、去年放送されたお勧めアニメである
「ふらいんぐうぃっち」なんてのがありますが、
あちらは日常は日常でも魔女みならいの日常であり

この亜人ちゃんは、亜人ちゃんである
ヴァンパイア、デュラハン、雪女、サキュバスなどの日常作品であります。


説明を長々書いたところで、日常系には変わりありません。
肩の力を抜いて楽しんでもらえればいいかなと。





☆リトルウィッチアカデミア
今期のプリキュアはこれです。
といいたくなるくらい、プリキュア要素はいってます。

ぶっちゃけ、放送時間間違ってると思うよ。
日曜は日曜でも日付がかわって月曜になるような時間に放送してどうする。
(以前放映されていた劇場シリーズはプリキュア層狙ってたのに?)

プリキュア好きにお勧めな作品です。





☆クズの本懐
プリキュアで楽しんでいた幼女が
7年後くらいにはこの作品を読んでいるのかと思うと
男に生まれてよかったなと思います。

連載は相変わらず独自色の強さが目立つ『月刊ビッグガンガン』なんですが
本作の内容は、完全に高校生以上を対象にしている少女漫画です。


女性作家が描く、嫌な女性のドロドロとした部分は
アニメというフィルターを通さないと観れません。
だから、同時にやってるドラマの方を対比として観ることができない。





上記のリトルウィッチからのクズの本懐まで
今期は幅広い内容でお送りされておりますので。

この4作品に、
3月、昭和落語、このすば、ガンダムあたりを加えておけばいいかな・・・









〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆セイレン

『絢辻さんは裏表のない素敵な人です』
から9年後の輝日東高校を舞台にしています。

ですんで、アマガミファンとしては当然期待している作品です。
今作では主人公の友達に七咲弟が出ているので、姉の登場ははたして?




☆ACCA13区監察課
雰囲気を楽しむ作品としてみてます。
ですので、観ていただくのが一番早いかと思われます。
あわないなら、そっとじの方お願いいたします。






☆ガヴリールドロップアウト
天使まじ悪魔、悪魔まじ天使な登場人物達がお送りする
女子高生もの作品です。

めざせ「ゆるゆり」って感じでしょうか。





☆小林さんちのメイドラゴン
押しかけメイドのドラゴン達(人に化けてます)がわちゃわちゃする作品




〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆うらら迷路帖
今期の豚さんハウスはここですね。



☆政宗くんのリベンジ
昔昔、デブでいじめられていた主人公が
高校生になり、かつていじめられていた女子(かわいい)に
仕返しをするために
イケメンになり惚れさせるという歪んだ仕返しを企てる作品です。




☆ハンドシェイカー
『K』のような能力系バトルものです。



☆CHAOS;CHILD
『CHAOS;HEAD NOAH』の続編に位置づけられる作品。
シュタゲを期待するのはハードルが高すぎるよね。




☆風夏
『君のいる町』 『涼風』でお馴染みの瀬尾公治先生の作品です。


☆南鎌倉高校女子自転車部
バイク部が今度は自転車部になります。
この説明でわかる人だけご視聴くださればと思います。



☆AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION
ゲームのアニメ化ですが、内容的には
アニメ「それが声優」内でのユニット「イヤホンズ」救済アニメとしか。

高橋李依だけがいっきに売れてしまった現状で
現場の空気の方が気になるアニメでもある。




〜〜〜視聴限界の壁〜〜

☆BanG Dream!(バンドリ)
宣伝費だけでいえば、かなり推されていた作品ではあるんですが、
それだけにここまで酷いとは思わなかった。

ガールズバンドをやりたいのはいいのだが
一発目のバンド演奏のシーンでいきなり客席がキンブレ祭りとか・・・

それならアイドルやっとけばいいだろと。

バンド好き、アイドル好き両方から嫌われる結果になってますが・・・。




☆One Room 
☆にゃんこデイズ
5分アニメ

☆Spiritpact (※中華アニメ)


☆けものフレンズ
声優さん選びからやり直そうよ。

☆チェインクロニクル
☆スクールガールストライカーズ
課金が・・・


☆アイドル事変
総アイドル化とはいえ、政治家までアイドルにするとかわけがわからないよ。


〜〜〜〜〜乙女・腐枠(詳しいサイトへ移動願います)〜〜〜

☆SUPER LOVERS





〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜

☆鬼平

「鬼平犯科帳」が誕生50周年を記念し、アニメ化決定。

製作会議で、誰もおかしいと言わなかったんだろうか?

どの層に向けて作られた作品なのかわからないので、
実際にどんな層がこの作品を楽しんでいるのかわからない。

ただ、アニメとしての出来は及第点らしい。
研究熱心な方は是非、ご自分の目で見ていただいた後に
研究成果の発信をお願いいたします。
タグ:アニメ
posted by 赤耳の猫 at 03:01| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

今期(2016年秋・10-12月)アニメの取捨選択


今年もはやいもんで、最終クールにきちゃいましたね。

ここ最近でのアニメ界の話題で言えば
やはり『君の名は』になるんでしょうね。

現時点で興行収入が150億を超えて大ヒットしていましてですね、
この150億という数字は
ジブリ作品である『崖の上のポニョ』に並ぶ数字なんですよね。

振り返ると、ポニョがヒットしていた時期は
「ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子」のフレーズを
TV、ラジオだけでなく、
近所で遊ぶお子様が大合唱で登校してたりしたんですよね。

ということは、今現在、世間では
『君の名は』の主題歌がかかりまくってるんでしょうかね?


私の住んでる世界線では、全然聞こえてこない・・・

そんな日々、世間においていかれてる私ですが、

「ほしのこえ」は予約してDVD買ったし
「雲のむこう、約束の場所」
「言の葉の庭」
「星を追う子ども」
「秒速5センチメートル」は劇場に鑑賞に行ってくらいには
新海ファンなんですが・・・


いつになったら、一周遅れでおいつけてる錯覚がくるんでしょうかね?





〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜

ここには、好き勝手に面白いと思った作品だけ書いてきたんですが
初めて書く作品がないという期になりました。

残念です。



観てはいましたよ、観てはいたんですが・・・

☆ラブライブ!サンシャイン!!
アイドルヲタの戯言ですが
前作9人グループで大成功してるだけに、
今作も9人組にする必要はあったのでしょうかね?
ライブシーンなどの見せ場での画面(フォーメイション)に新鮮味がなかったかと。
7,8人と人数減らしちゃだめだったのかな?


☆ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
原作読もうぜ。
マシューやサザルーフさんとか、見せ場がカットされすぎですよ。


☆マクロスΔ(デルタ)
『僕らの戦場』『いけないボーダーライン』とか好きな楽曲もありましたし
ワルキューレのライブに参加するくらいには楽曲気に入ってるし
ヒロインのフレイヤちゃんも好きなんですけどね。
シナリオの方をどうにかして欲しかったですね。


☆Re:ゼロから始める異世界生活
レムさんがメインヒロインでいいんじゃね?


☆NEW GAME!
今日も一日がんばるぞい。





〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜

前期は途中で失速する作品が多すぎて
(特に最終回とか話がまとまらないまま終わってるような)
9月頃は、劇場で「君の名は」みてればいいんじゃね、
というような悲しい結論で終わってしまっただけに
今期には巻き返しを期待してましたが、

今期は2期目(続きもの)作品の強さが目立っているので
1期目を楽しんでいた作品が多い人ほど楽しめる期になりそうですね。

ただ、新規勢にも粒はそろってそうで前期の分まで楽しめそうな予感はします。









<前期からの継続作品について>

☆レガリア The Three Sacred Stars
3,4話あたりでいきなり製作方針変更で作り直すとかいいだしたのですが
なんだかわからないままロボット、幼女、バトルが続いています。


☆DAYS
サッカーアニメなんだけど、
さすがに主人公の初心者設定は高校サッカーのレベルを低く設定しすぎです。






<2期目などの作品について>

☆響け!ユーフォニアム 第2期
今期はここが覇権候補だと思います。

ただ、1期で描ききれなかった、
2年生の大量退部事件に触れますので
ドロドロするのだけは覚悟しておきましょうね。




☆ハイキュー!!
-烏野高校 VS 白鳥沢学園高校- (第3期)


まさか、1,2話でも普通に演技なさってる
烏養監督役の田中一成(49歳)がお亡くなりになるニュースが
いきなり飛び込んできて驚いているところです。
謹んでお悔やみ申し上げます。

本当にいい作品なだけにぜひ観て欲しいとだけ書いておきます。
覇権争いの対抗はここかなと。
(ここは新規お断りですんで1,2期を観てからどうぞ)




☆機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期
去年放送された1期の続きです。
2期目のお話の方向がまだ見えてきてませんが
そこさえ間違わなければ楽しめるんではないでしょうか。





☆WWW.WORKING!!
これまで放送された『WORKING!!』の舞台(店舗)とは別店舗のため
登場人物が一新されている部分をどう感じるかですね。

お話自体は『WORKING!!』と同じ作りなんで
あとは今回のキャラがあうかあわないかになりますね。
声優陣は今回もしっかりそろってますので、ほんとに好みだなと。
(戸松遥、日笠陽子、水樹奈々、雨宮天など)




☆ブレイブウィッチーズ
こちらも、これまで放送された「ストライクウィッチーズ」の舞台とは
別の部隊(第502部隊)でのお話なんで登場人物は一新されてます。

時系列的には
TV版「ストライクウィッチーズ」の1期と2期の間あたりですんで
大きな違いはないでしょう。
好きなら観ればいいんじゃないかな。




☆Lostorage incited WIXOSS
そんでもってこちらも前期までの登場人物はでてこず
新たな町(別舞台)でのカードゲームバトルです。

ただ、前期同様、シナリオ製作陣が変わろうが
もってる雰囲気はかわらないので
おそらく、今期も救いのない所で話を進めるんでしょうね。




☆文豪ストレイドッグス 第2クール
太宰さんの過去編をやっているんで、
第一クールよりこちらの方が人気でるんじゃないですか?






☆夏目友人帳 伍 (第5期)
もはや、約束された勝利枠になってます。
この作品の持つ空気感は相変わらず安定してます。




☆ブブキ・ブランキ 星の巨人
2期を出来るような数字はでてなかたんで
もともと分割2期予定だったのでしょう。

1期よりも断然おもしろい出だしの13話(2期1話)でしたが
これを見続けてる層がどこまでいるのやら。





☆ViVid Strike!
『魔法少女リリカルなのはViVid』から1年後を描いた作品なのだが
公式からして、タイトルから「リリカルなのは」を削ってるのが
とんでもなく気になります。

なのはシリーズなんだからそれなりにお金を集めれば
どうにかなるなる時期はすでに過ぎてしまってるような
・・・どうしてこうなった。



☆SHOW BY ROCK!!# 第2期
2期が出来るとはおもってなかったんですが
キャラソンとかのアニメ本体以外の活動で儲けが出るのでしょうか?



☆タイムボカン24
「タイムボカンシリーズ」のリメイクです。
昨年放送された『夜ノヤッターマン』のような展開はないようですが、
声優陣はドロンボー一味を『夜ノヤッターマン』で演じた
喜多村英梨・平田広明・三宅健太が引き続きやっているので
声の違和感なくみれましたね。

ただ、放送時間的にヲタ向け作品ではないんでしょうね。




☆おくさまが生徒会長!+!
おっぱい枠の2期です。
ヒロイン役を竹達彩奈さんがしてるです。それだけです。
「だがしかし」のほたるさん役くらいしか
今年は竹達彩奈さんの声聞いてないんで耳に残る作品ではあるけどね。



☆てーきゅう 第8期
最近になってようやく、酷さ(ほめ言葉)を理解できつつある。
たぶん、気のせいだけど。






<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・


☆3月のライオン
「ハチミツとクローバー」の羽海野チカさんの作品です。
ですんで、ここも覇権争いに加わることを期待してます。

3月がライオン、四月が君の嘘という感じで
数年前は書店に単行本が並べてありましたので
当然ながら、多くのヲタが両方を手にとってレジに向かったはずなんで
説明は不要だと思いますが、主人公はプロ棋士の話です。

アニメーション制作:シャフト

ってのが、どうなんだと言われますが
1,2話を観るかぎりでは気にすることもないかなと。

3姉妹の声優さんが反則的です。
ひさびさにNHKの本気が見れそうやね。




☆ユーリ!!! on ICE
とにかく1話をみてください。
1話のつかみでいえばここが今期1番ですし
2016年の中でも神回ランキングに入ってくるでしょう。

アイススケートものですし、しかも男子アイススケートですんで
毛嫌いする方もいるでしょうが、
ノイタミナ枠作品よりノイタミナ枠作品しているので
1つの作品としてみていただければと思います。

兎に角、1話のアイススケートのシーンでの作画班頑張りすぎは必見です。





〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆終末のイゼッタ
昨年放送された、「純潔のマリア」では
魔女であるマリアが、魔法で争いを仲裁しようとしてましたが
こちらは、1939年の架空の欧州を舞台に敗戦濃厚な国のお姫様に助けられた
魔女イゼッタさんが魔法を使い戦争に介入していくお話になってます。

1話ではイゼッタさんの登場の仕方が
あまりにもコードギアスのCCに似ていたのはおいといて
あくまでも、魔女と戦争を使って物語を作っていくかに注目です。




☆ガーリッシュ ナンバー
「SHIROBAKO」「それが声優」に続く、アニメ業界アニメです。

すでに「これも声優」とかタグがついてたりするんですが
主人公である新人声優の女の子の性格に難がありすぎるからでしょう。

そんなわけで「SHIROBAKO」23話でのずかちゃんで涙するような
展開にはなるはずもないんですが、
「これも声優」アニメであるってことで楽しもうではないか。




☆魔法少女育成計画
かわいい魔法少女16人がバトルロワイヤルするお話なんですけど、
まどマギを意識しすぎてるかなと。

ただ、この魔法少女16人なんですが
変身前(中身)と変身後(外見)が違います。

主人公(女の子)は実際に見た目どおりの中学生女子ですが
相方の魔法少女は、魔法少女にあこがれる幼馴染(男の子)だったりする設定は
面白いと思う部分なんで、
残りの魔法少女の中身が
おっさん、おばさんだったりしてこそお話は面白くなるんで期待したい。





☆うどんの国の金色毛鞠
「ばらかもん」系の雰囲気を持つアニメですね。
香川県を舞台にしたお話で、実家がうどん屋だった主人公が
久々に東京から帰ってきたところから物語は始まります。




☆舟を編む
2012年、本屋大賞を受賞作で今期のノイタミナ枠です。

この作品は、辞書作りという話ですんで
知識欲の多い人向けになりますね。

ただのアニヲタに向けては作られておりませんのであしからず。




☆ドリフターズ
古今東西の英雄が別世界に召喚されるお話みたいです。
2話まで見る限りでは神様2人が
それぞれに英雄を別世界に送り込んで代理戦争させてるのかね?

「漂流者(ドリフターズ)」「廃棄物(エンズ)」の2つに分かれて
今後争っていくのでしょうが、
まずはある程度登場人物が集まらないことにはお話は進んでいかないので
それまではゆっくり鑑賞しとこうかなと。






☆競女!!!!!!!!
おっぱい枠でいいのか、ギャグ枠でいいのか。
とにかく実況しながらわいわい楽しむ作品です。


☆バーナード嬢曰く。
「みかこし」と「きたえり」さんが好きなら観れる5分アニメです。



☆私がモテてどうすんだ
「別冊フレンド」連載アニメなんで下にある乙女枠でもいいですが、
これくらいのノリであれば男性でも観れるんじゃないかと。

主人公であるBL大好きな腐女子高校生役が小林ゆうさんなんで
まぁ、想像できると思うが、いつも通りの空気感で演じてはります。
(これがなければ男ヲタはつらいけど)



〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆ろんぐらいだぁす!
自転車アニメです。
ただし、こちらの作品は速さを競う作品ではなく
ロングライドと呼ばれる長距離走行を女の子達が楽しむお話です。



☆ALL OUT!!
最近はやりのラグビー漫画のアニメ化です。
それだけに、ここがこけると
今後に続く他のラグビーアニメがつらいかも。

お話の方は『月刊モーニングtwo』で連載してるだけに
単なるスポコン系にはならないと思うんですけどね。
ひとまず、様子見でお願いします。



☆装神少女まとい
クロムクロ枠といいましょうか?
丁寧にはつくっているんですが、
これといった特徴がでてこないことには最後まで見続けれないかもです。



☆ステラのまほう
まんがタイムきらら枠作品ですのでそれが好きならでしょうか。
高校のゲーム製作部のお話です。

ただ、ゲーム製作でいうなら前期の『NEW GAME!』の方をお勧めしときます。



☆灼熱の卓球娘
女子高での卓球アニメですが、卓球の試合もしてますが、
このアニメをおすすめできる部分が見つからないです。






〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆3ねんDぐみガラスの仮面
グダグダ妖精枠かな。

☆CHEATHING CRAFT
日中合作アニメ

☆Bloodivores
中国のウェブコミックのアニメ化。
文化の違いを勉強するにはいいんでしょうか?

☆侍霊演武:将星乱(ソウルバスター)
ここも中国枠ですね。

☆TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-
下にある乙女・腐枠なのかもしれませんが・・・




〜〜〜〜〜乙女・腐枠(詳しいサイトへ移動願います)〜〜〜

☆うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター (第4期)
☆刀剣乱舞-花丸-
☆雨色ココア 第3期
☆マジきゅんっ!ルネッサンス
☆学園ハンサム


〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜


☆フリップフラッパーズ
「不思議の国のアリス」系の考えるな感じろ作品です。

こういった作品の楽しみ方を考察しようとしている時点で
この作品を楽しむことは出来ないといわれるんでしょうが
取っ掛かりくらいは見つけてみたいなと思う所存であります。
タグ:アニメ
posted by 赤耳の猫 at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

今期(2016年夏・07-09月)アニメの取捨選択



12日に決勝が行なわれ、ポルトガル初優勝で幕を閉じたEURO2016ですが
その決勝戦を皆さんはごらんになりましたか?


開催国であるフランスに地の利があり、選手層も上であったこともあり
下馬評ではフランス有利だといわれていた中で始まった試合は
開始早々、ポルトガルのエースであるC・ロナウドの負傷退場で
ますます、フランス有利の色が強くなりましたが
試合はポルトガルが最後の最後でゴールを割らせず持ちこたえたことで
延長戦に突入しました。

そして、その延長で1つの誤審が生まれました。

その誤審が結果的には試合を決めてしまうものとなったわけですが、


さて、ここで考えてもらいたいのですが、

もしもこの試合を過去に戻ってやり直した場合、
試合結果はどうなると思いますか?


今期のアニメは、この『やり直し』をテーマにした作品が中心です。


基本的には、
フランス代表の誰かが過去に戻る展開ですが、
少しひねると、フランス代表監督が過去に戻る展開だったりしますね。

ただその場合は、偶発的に起きたC・ロナウド負傷退場がなくなり
結局はロナウドの活躍によって歴史はかわらずポルトガル優勝だったりで
失敗した、失敗した、失敗したが第3話くらいになるのでしょうかね?

さらにひねりを加えると
誤審を犯した審判(に接触できた一般フランス人)とかが過去に戻るパターンもあるのかもね?



まぁ、こんな感じで「やり直し」
広義で言えば、時間もの作品の面白い部分を
上手くいかせる作品がでてくることに期待してます。







〜〜〜〜〜〜前期の作品について〜〜〜〜〜

☆ふらいんぐうぃっち -flying witch-
一言で説明するなら
ジブリ作品である『魔女の宅急便』で
主人公のキキが魔女修行にいく場所が青森県弘前市な作品です。

ですんで、魔法でバトルをすることもなく
淡々と田舎の日常を描く作品になってましたが、
「のんのんびより」とはまた違う良さを出してました。


何がよかったんでしょうね?

監督さんの得意な分野だったんでしょうかね?

スパイス的に出てくる魔女要素(非日常)が良かったんでしょうかね?

とても丁寧に作られている感じがしたのが良かったんでしょうか?


答えはともかくとして、今年を代表する作品になると思います。

それだけに、青森県弘前市の舞台をもう少し作品に登場させていれば
「あの花」のように聖地巡礼で町おこしも出来たのかもね。
(弘前城くらいしか出てこなかったような・・・)







〜〜〜〜〜〜こっから今期の話〜〜〜〜〜〜〜




時間遡行による『やり直し』作品が多いといいましたが
今期は『ドラゴンボール』までトランクスが未来から
再びタイムマシーンでやって来てたり
実写では『時をかける少女』がドラマで放送してたりで
この流れは仕方がないといった所ではないでしょうか。

まぁ、「時かけ」はおいとくにせよ
ドラゴンボールだけでなく、前期からの「Re:ゼロ」
今期作の「orange」あたりも面白くなりそうなんで
今期は『やり直し』作品を素直に楽しんだらいいんじゃないかな。


あと、女性向け作品もかなり多い期ですんで
そちらは、詳しい方にお聞きくださいませ。







<前期からの継続作品について>

☆マクロスΔ(デルタ)
フレイヤちゃんの勝利以外ありえない流れなんですが・・・
3角関係はどこにいってしまいはったんやw

フレイアちゃんの誕生日ネタはもっと早い回ってか
16話ではなく6話くらいでやる話のような気がするんだが。

その辺の日常を描く部分が少ないんで
どうしてもキャラに色がついていかない気はしてます。






☆Re:ゼロから始める異世界生活
2クール目に入り飛ばしてますね。
第15話とかここまでやって大丈夫なのか?レベルで、この後どうやって、
この難題をクリアーするか見等もつかないんだが。
まぁ、そこが面白い所なんですけどね。

ただ、この主人公だけは好きになれないんだよね、
ここがなけりゃもっと作品を楽しめてるんだけど。




☆クロムクロ
P.A.WORKSの初ロボットアニメではあるが、
15周年記念作品としてロボットアニメをつくる必要はなかったのでは・・・
所々にでてくるP.A.WORKS過去作品ネタを楽しめばいいんじゃね。









<2期目などの作品について>

☆ラブライブ!サンシャイン!!
今期の覇権は始まる前からここで決まりのような勢いです。

それだけ地盤の固い支持層をもっていますんで、
そこを意識して、今作品の主人公の設定は
前作ラブライブの『μ's』にあこがれて
スクールアイドルを目指す女の子となっており
1,2話ともに『μ's』の話題だけでなく映像も使用されてます。

それだけに、大きくこけるようなこともないでしょう。

ただ、『何も足さない、何も引かない』という作り方、
前作の焼き直しになりそうな気がしないでもないのが・・・ちょっと不安かな。

さてさて、
今作のアイドルユニット「Aqours」がどのようになるか
アニヲタというよりはアイドルヲタとして注目してます。

ちなみに今作の舞台は静岡県は沼津なんで
今夏は青春18きっぷを使った聖地巡礼客があふれるかもね。
ポケモンGO組は気いつけやw





☆Fate/kaleid liner プリズマイリヤ 3rei!!
イリヤちゃんが美遊を助けに多元世界へGOする3期目。
1,2期よりもバトルが多いのがポイントですかね。

子供ギルが仲間にいる時点で
負ける気がしないのはさすがに慢心しすぎでしょうか。

サファイアちゃん役が松来未祐さんから
かかずゆみさんへ変更になっているのは仕方ないことですが・・・
早すぎですよ。





☆アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
ノリは嫌いじゃないんですが2期ができるとは思っていませんでした。
すいません。





☆ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編
☆ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編
2作品を同時進行で放送してますが
原作をしらないとなんのことやらですんで
既存のファンの方に解説してもらってください。






☆ D.Gray-man HALLOW
『週刊少年ジャンプ』で連載していた作品で
いろんな所をまわって今は『ジャンプSQ.CROWN』で連載してるみたいです。

もう10年以上続いてる作品になるわけですが
ずいぶん前に1度アニメ化されていて、今期はどうやらその続きなわけで
新規お断りすぎやしませんかと。






☆アルスラーン戦記 風塵乱舞 
大人の事情で2期目は全8話。
作画が安定すると思えば悪いことではないと前向きに考えよう。





☆食戟のソーマ 弐ノ皿
週刊少年ジャンプに連載中の料理漫画です。
アルスラーン戦記が日5でこちらが土曜深夜(関西では)
逆の方が視聴率取れてるんじゃね?





☆美男高校地球防衛部LOVE!LOVE
よく2期ができたと感じてますが、
詳しくは得意な方におまかせします。







<今期登場作品について>※期待度順に並べていますが・・・


☆ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
劣化銀河英雄伝説なんて書き込みもありますが
原作を読んでいるものとしては今期の期待作として推したい。

ただ、キャラ絵はどうにかならなかったのか、については
原作組も同じ意見なんであしからず。
4巻くらいで絵師が交代した時も批判がかなりありましたしね。


お話の方ですが、
やはり原作のおいしい部分である
ちょっとした会話のやり取りが、アニメではばっさり切られてますんで
もったいない部分が多すぎますね。
素直に原作をお読みくださいと言っておきます。

これだけ早足でやっても3話ですら1巻終わってませんからね・・・

そういう意味でも原作読みを薦めておきます。






☆orange
『別冊マーガレット』で始まり
『月刊アクション』に移籍したのちに完結。
ですので1クールを使ってシナリオをしっかりと割り振れるのはいいね。


物語の舞台は作者が住む長野県松本市。
昔々、TOKIOの長瀬君が主演のドラマ「白線流し」の舞台でもあったんで
聖地巡礼し終わってる者としては、見慣れた風景に安心する。
(スピッツの「空も飛べるはず」でMADが作られるのを今から期待している)

あがたの森公園とか、
制服姿の男女2人で歩く姿とか反則レベルに絵になりますよ。
聖地巡礼した時なんて思わず携帯で写真とってしまいましたもの。

そんな素敵な舞台での青春漫画なわけですので
あとは、やり直し要素として未来から手紙が届き
その情報を元に過去改変を行なう設定が
どこまで上手くお話に生かせているかに期待です。







☆ReLIFE
「やり直し」作品で、漫画アプリcomicoにて連載中。

28歳のニートが高校3年生をやり直し、
その1年間の成果をもとに
28歳に戻って人生をやり直す力を手にするとかどうとかですが

まぁ、そんなんはヒロイン勢に茅野愛衣、戸松遥の名前があれば
どうでもよくなるのです。

さらに、どうでもいい事として
EDに毎話ごとに2000年前後の曲を流すんですが
2話で西川ちゃんの「HOT LIMIT」に反応できちゃう世代というのは
28歳より38歳の方が近いのではと思わなくもない。
それはネタバレの選曲をみるにつけても同じで
30代以上の世代を狙いにきてますよねこれ?




〜〜お勧めできる作品の壁(ここからは責任もたないぞ)〜〜〜〜


☆Rewrite(Key作品のアニメ化)
ラブライブがなければここがもっと下馬評が高いんでしょうけど。

今作のポイントとしてはシナリオが麻枝准ではない所でしょう。
Key作品といえば麻枝准なだけに、ここは大きな違いになりますね。

ちなみに今作の原作シナリオはこの3人
・田中ロミオ (ロミオ文学の人)
・竜騎士07  (ひぐらしのなく頃に)
・都乃河勇人 (リトルバスターズ!、智代アフター)



1話は1時間SPだったんですが
原作をプレイしてないのでさっぱりでした。

いいのかこれと思いつつ、2話目のギャグの間に安心する。
ただ、この間は明らかにおっさんの間合いであるからするに
今の学生達に受け入れられるものではないのが気がかりである。

若い子達はどんな感想を持つのやら?それはそれで興味深い部分です。






☆91Days
禁酒法時代を舞台にした復讐劇のお話。
好きなら観るでいいんじゃね。







☆この美術部には問題がある!
主人公が2次元嫁しか描かない美術部員で
ヒロインがそれに振り回される女の子です。ドタバタラブコメディですね。

テンポはいいと感じたんで今のところ視聴継続中です。






☆NEW GAME!
『まんがタイムきららキャラット』で連載中の作品。

きらら系作品なんであうあわないははっきりしてるんでしょうが、

アニメーション制作 動画工房

ここは推しておきます。

ゲーム製作会社に入社したヒロインがゲーム作りを頑張るぞい。





☆planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜
こちらもKey作品で今期は2作品ありますね。
こっちはゲーム4作目の作品ですのでかなり古い作品です。

ただこちらもシナリオは麻枝准ではなく

シナリオ:涼元悠一

となってる所はポイントになるんじゃないかと。

忘れ去られたロボットのお話です。






☆甘々と稲妻
半年前に妻を亡くした学校の先生とその娘(幼稚園児くらい)のお話。

設定だけで、重い話を想像してたんですが
『幸腹グラフィティ』のようなお料理の話になっていくそうです。
2話以降の展開に乞うご期待かな。

早見沙織さん役の子がいい雰囲気をだしていているところもポイントになるかと。






☆あまんちゅ!
キャッチコピーは「日常ときどきダイビング。」

となってるとおり日常系作品ですので雰囲気が合うかどうかですね。

ただ、主人公のぴかりちゃんの絵はあれでよかったのかね?





☆モブサイコ100
「ワンパンマン」の作者の別作品です。
過度の期待をするとがっかりするんじゃなかろうか。






☆タブー・タトゥー
みかこしが女子高生(中身は合法ロリであるが)役をしている。
それだけで見る価値がある、と言い切れる子以外は・・・

右手に移植された紋章が〜〜系のアニメですので
無理しなくていいよ、ほんと無理しないでね。





☆テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
ながらく続くRPGであるテイルズシリーズを
どうやったら炎上なんてさせることができるのか
それ自体が謎である。

さすが『バンダイナムコ』なのか?
プロデューサーの馬場英雄があほうなのか?

株主総会のまとめスレが一番面白いとかw
みかこしのキャラが炎上の引き金とかほんまないわ


ただ、アニメに関して言うなら
アニメーション制作  ufotable なんで綺麗な画面です。
よって、これでゲームが気になって始めてしまうとですね
1〜3話まで主役を演じているアリーシャさんを操作できる時期って
とっても短いそうですんで注意してくださいな。
(これが炎上理由の1つですので)






☆レガリア The Three Sacred Stars
あやねるさんがロリ幼女を担当しています。
どうやらそのロリ幼女さんがロボットに乗って戦うようです。

さて、ここで問題なのは
小倉唯、久保ユリカ、東山奈央とかがキャスティングされているのに
ロボットがでて来ていいものなんでしょうか?





☆はんだくん
書道アニメ?だった「ばらかもん」のスピンオフ作品です。

半田君の母ちゃんは出演するのか?声は変わらないのか?
個人的には一番気になるところです。

ちなみに、1話で、なるは出てきてないんで今後もでないんでしょうか?

なるを期待する子は『甘々と稲妻』へ引越し願います。




☆初恋モンスター
箱入り娘の高校生が小学生に恋をするお話。

最近の少女漫画は設定が凄いことになってますね。

となりますと、真面目に恋愛描写のお話など置いてけぼりで
主人公の女の子を堀江由衣さんが
小学生の友達役に杉田智和さんなどのお馴染みの男性声優陣達と

チンコ、チンコを連発してるww

これは、少女漫画の振りをした
ギャグアニメとして分類すべき作品なんで、おっさんでも楽しめるです。






☆ベルセルク
今だ原作が完結していないのですが・・・

固定客がついている作品でありますので
それなりに話題には上るのではないでしょうか?

規制が入りすぎて画面が真っ黒だったりする回数によっては
アニメをわざわざ観ずとも原作読みましょうになるかもね。






☆DAYS
『週刊少年マガジン』連載中のサッカーアニメ。

必殺シュートをぶちかますとんでも作品でなく
サッカー未経験者の主人公が高校サッカーを頑張る作品となっております。




☆ 魔法少女?なりあ☆がーるず
ぐだぐだ妖精ふたたびです。



〜〜〜〜3話切りライン〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆クオリディア・コード
複数ライトノベル作家によるメディアミックス作品のアニメ化です。
なもんでラノベ臭はとにかくします。

俺つえー系作品になるんでしょうけど、
複数の作家が書いているという点だけは気になるところでしょうか。
大化けはあるのか?





☆アンジュ・ヴィエルジュ(トレーディングカードゲームのアニメ化)
1話の大半を風呂シーンでのキャラ紹介に使うという潔さに拍手。
5つの世界から選抜された女の子達が戦うお話です。






☆チア男子!!
『桐島、部活やめるってよ』にの作者の2作目

ウォーターボーイズ系の作品になるんでしょうが
素直に原作読めばいいんじゃないのかね?



☆バッテリー(ノイタミナ枠)
こちらは、あさのあつこによる児童文学作品のアニメ化です。

素直に原作読めばいいんじゃないのかね?






☆不機嫌なモノノケ庵
『ガンガンONLINE』にて連載中の漫画です。
が、男性向けというよりは女性向け作品の感じがするのですが・・・

妖怪モノですが、バトルはすんのかな?




☆SERVAMP -サーヴァンプ-
拾った猫は吸血鬼でした。
ただし、拾った子も拾われた吸血鬼も男です。



☆一人之下 the outcast
中国のWeb漫画が原作です。
早見沙織さんが声をあててますけど・・・




〜〜〜視聴限界の壁〜〜〜

☆スカーレッドライダーゼクス
乙女ゲームです。詳しい方にお任せします。


☆魔装学園H×H 
おっぱい系作品です。
ダイミダラーのようにエロでエネルギーチャージを行ないます。



☆腐男子高校生活
BL系のギャグ漫画なのかどうなのか?
詳しい人に聞いてください。



☆ツキウタ。THE ANIMATION ―
ドラマCDシリーズのアニメ化。
男性アイドル系なんで詳しくは他をあたってください



☆OZMAFIA!!
詳しくは・・・以下略


〜〜ポルナレフの壁・今期の研究課題作品〜〜〜〜


☆B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜


総合プロデュースを西川貴教


西川ちゃんなにやってはりますのw
女性向けのアイドルアニメ(ハーレムもの)になるのかな?
タグ:アニメ
posted by 赤耳の猫 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。